『マイ・エレメント』を、中高年が見た正直な感想。人生経験豊富な世代はどう感じた?【ネタバレあり】

8月4日に公開されたディズニー&ピクサーの最新作『マイ・エレメント』。「火」と「水」の男女が出会うロマンティックなラブストーリーを夢も恋もひと通り追ってみた中高年世代が観たら……? 映画レビューをお届けします。

『マイ・エレメント』ディズニー&ピクサー新作映画
8月4日に公開されたディズニー&ピクサー最新作『マイ・エレメント』
※筆者撮影

ディズニー&ピクサーの最新作『マイ・エレメント』が8月4日に公開されました。公開から3日間で興行収入は3億円、観客動員は25万人を突破する好スタートを切っています。日本語吹き替え版では、主人公の「火」の女の子・エンバーの声を川口春奈さん、「水」の男の子・ウェイドの声をKis-My-Ft2の玉森裕太さんが務めていることでも話題に。

「火」「水」という正反対な性質を持つ2人の純愛ラブストーリーに加えて、家族愛、夢を追うことについて考えさせられる今作は、10代などの若い世代や仲良しカップルにもぜひおすすめしたいロマンチックなストーリー。

では、夢も恋もひと通り追いかけてきた中高年世代が見たら、どんな感想を抱くのか……? 10代でも、まばゆいカップルでもない筆者の目線から見た『マイ・エレメント』を紹介します!
 

歴代のディズニー&ピクサー映画の中でも、特に映像美がすごい!


『マイ・エレメント』で登場するのは人間ではなく、元素(エレメント)たち。火・水・土・風のエレメント(元素)が住む都市「エレメント・シティ」を舞台にした物語です。

とはいえ、人間や動物ではないキャラクターが活躍する作品は、『インサイド・ヘッド』(2015年公開)や『ソウルフル・ワールド』(2020年公開)などで見慣れたためか、公開前はあまり新鮮さを感じることもありませんでした。

ところがいざ本編を見てみると、いつも色彩豊かな映像の美しさにほれぼれしてしまうディズニー&ピクサーの作品の中でも、今作は特筆してクオリティが高い……! 火のゆらめきや水のリアルすぎる透明感など、元素の描写が美しすぎるのです。さらに進化を遂げている映像美に驚かされ、色鮮やかなエレメント・シティの光景は見ているだけで心が躍りました。
 

「火」と「水」の純粋なラブストーリーに涙


正反対の性質を持ち、今まで触れ合うことのなかった「火」のエンバーと「水」のウェイドが、初めておそるおそる手を重ねたシーンは、「恋」なんてものを忘れかけている筆者ですら、感動で涙があふれました。

予告でも、2人の出会いは“奇跡の化学反応”とうたわれていますが、「火」と「水」ほど正反対の性質なんて大げさなものでなくても、別々の個と個が心を通わせること自体が奇跡なんだと、ハッと気付かされるような場面でした。


>次のページ:特に、中高年の心に染みたシーンは?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」