8月4日は2023年最後の最強開運日! やるといいこと、やらない方がいいことは?

8月4日は2023年最後の最強開運日。この日にするといい、おすすめの開運アクションを紹介します。やらない方がいいことも併せてチェックしておきましょう。

最強開運日
2023年8月4日は最強開運日

8月4日は3つの吉日が重なる2023年最後の最強開運日です。この日のおすすめの開運アクションを紹介します。やらない方がいいことも併せてチェックしておきましょう。

 

8月4日は超最強開運日!

2023年8月4日は、「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる最強開運日です。さらにこの日は、吉日に相乗効果を与えるとされる「大安」も重なるトリプル開運日! うまく活用すると、2023年後半の運気が変わるかもしれません。

まずは、この日がどんな吉日なのかをチェックしておきましょう!
 

■天赦日とは
天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)とは、日暦の中でも最強の開運日といわれており、1年に5~6回しか訪れないとても貴重な吉日です。「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」といわれているこの日は、何をやっても物事がうまくいくとされています。何か新しいことを始めたり、今までなかなかスムーズにいかなかったことや諦めてしまったことを再スタートさせるのにも良い日です。

 

■一粒万倍日とは
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)には、「一粒(ひとつぶ)の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる」という意味があり、この日に始めたことは大きな成果につながりやすいとされています。長く続けていきたいことを始めるのも良いでしょう。
 
ただし、良いことだけでなく、借金やトラブルなども膨れ上がってしまうので、大きくなっては困るマイナスなことをするのは避けるようにしてください。

 

■大安とは
大安は「大いに安し」という意味を持ち、「1日中、何事もうまくいく日」とされる六曜の吉日です。先勝や先負とは違い、時間帯による吉凶がないので、1日を通して大きなトラブルに見舞われる心配がなく、スムーズに物事が運ぶといわれています。

また、大安は開運日と重なることで相乗効果があるとされることから、天赦日と一粒万倍日の開運パワーをさらに高めてくれることでしょう。

 

2023年8月4日にやるといいこと

年内最後の最強開運日は、大きく発展させたいことや、重要な決断をするのにピッタリ。人生のビッグイベントの日にするのも最適です。それぞれの開運パワーが相乗効果で高まっているので、よりたくさんの実りと豊かさがかなえられるでしょう。

また、この日に新しくお財布を新調したり使い始めたりすると、金運アップも期待できるといわれています。持っていることで気分が上がるような、ワンランク上の物を購入したり使い始めたりすることで、その豊かさが万倍にもなって返ってくるかもしれません。
 

【やるといいこと】
・開店、開業
・新規事業
・結婚、婚約
・口座の開設
・投資
・スキルアップの勉強や習い事
・転職、就職、副業
・宝くじの購入
・お財布の新調や使い初め
・ワンランク上の買い物

 

2023年8月4日にやらない方がいいこと

この日はパワーが最強なだけに、マイナスなアクションをすると大きくなって自分に戻ってしまうので注意が必要です。返ってきては困るマイナスなことをするのは避けた方がいいでしょう。また、長引かせたくないこともしないように気を付けて過ごしましょう。

 

【やらない方がいいこと】
・人にうそをつく
・人を傷つける
・ギャンブル
・借金やローン
・ネガティブな発言や思考
・けんかやトラブル

 

最強開運日のアクションが、2023年の残りの運気を左右するかもしれません。この記事を参考に、開運パワーを味方につけ、自身の人生をより豊かな方向へと導いてくださいね。

 

この記事の執筆者:木村 友奈 プロフィール
モンテッソーリ教育を行う幼稚園での教諭歴4年、保育士歴5年。出産後、フリーライターとして育児・教育・生活情報のほか、趣味の温泉、神社、パワースポットにまつわる記事を執筆。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望