2023年「夏フェス」で見たい「女性アイドルグループ」ランキング! 1位「ももいろクローバーZ」、2位は?【152人に調査】

All About編集部が実施したアンケート調査の結果から、2023年「夏フェス」で見たい「女性アイドルグループ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:「ももいろクローバーZ(ももクロ)」公式Instagram)

2023年はフェスに遊びに行く予定を立てている人も多いのではないでしょうか? すでにいくつかの夏フェスが開催されていますが、どの会場もさまざまなアーティストが出演して盛り上がっています。
 

All About編集部は6月29日~7月13日、全国20~70代の152人を対象に「夏フェスで見たいアイドル、アーティスト」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「夏フェスで見たい女性アイドルグループ」のランキングを紹介します。
 

>5位までの全ランキング結果を見る
 

2位:NiziU

2位にランクインしたのは、「NiziU」です。9人組ガールズグループとして、オーディションプロジェクト「Nizi Project」にて誕生。2020年6月にミニアルバム『Make you happy』でプレデビューし、同年12月にシングル『Step and a step』で正式にデビューします。
 

キャッチーな楽曲と抜群のルックス、さらにまねしたくなる振り付けで大ブレークを果たし、同月末には『NHK紅白歌合戦』に初出場。2022年11月には日本国内の女性アーティスト史上最速でドーム公演を実現するなど、快進撃を続けてきました。
 

夏フェスに関しては、都市型音楽フェスティバル「SUPERSONIC 2021」に出演経験があります。また、2023年は7月から全国ツアー「NiziU Live with U 2023 “ココ!夏 Fes.”」を開催中。9月17日、18日には、ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市美浜区)で初の単独野外ライブを開催することを発表しています。
 

アンケートの回答者コメントでは、「9人のダンスフォーメーションがすごいから」(新潟県/30代男性)、「推しでは有りませんが歌もフェスで生で聞きたいし、人気があるので見てみたい」(岩手県/40代女性)、「これからの活躍の期待も込めて、出演してほしい」(東京都/20代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:ももいろクローバーZ

1位にランクインしたのは、「ももいろクローバーZ」(通称“ももクロ”)です。2008年に「ももいろクローバー」として結成し、2010年5月にシングル『行くぜっ!怪盗少女』でメジャーデビュー。派手なライブパフォーマンスとキャッチーな楽曲が話題となり、アイドルファンを中心に注目を集めます。
 

2011年4月にグループ名を現在の「ももいろクローバーZ」に改名。2012年に『NHK紅白歌合戦』に初出場すると、2014年3月には女性グループとして初となる国立競技場(東京都新宿区)での単独ライブを成功させました。
 

ライブに定評があるももクロは、これまでもハードロックが主体の「OZZFEST JAPAN」やアイドルフェスの「TOKYO IDOL FESTIVAL」などに参加。また、「私立恵比寿中学」「チームしゃちほこ」などのアイドルグループと共に「夏S」を開催していることでも知られています。
 

夏フェスに関しては、これまで「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」や「SUMMER SONIC」などに参加。各フェスで、アイドルファン以外もとりこにするハイパフォーマンスを見せています。2023年も「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」への出演が決定しており、熱いステージが期待できます。
 

アンケートの回答者コメントでは、「パフォーマンスが素晴らしいし、見ていて楽しいからです」(兵庫県/50代女性)、「グループも楽曲も知名度があり、盛り上がる曲が多い」(東京都/20代女性)、「ももクロを見ると元気が出る」(大阪府/40代女性)といった声が寄せられました。
 

>5位までの全ランキング結果を見る
 

※回答者のコメントは原文ママです

 

この記事の筆者:ゆるま 小林

長年に渡ってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」