「帝国ホテル」が9月で開館100周年! 建築好き必見のイベント続々、東宝製ミニチュア模型も圧巻

世界的建築家フランク・ロイド・ライトが設計した旧帝国ホテル・ライト館が、2023年9月1日に開館100周年を迎えます。全国各地で開催される関連イベントは、建築好きに限らず楽しめるものばかりです。

歴代の帝国ホテル

帝国ホテルの宿泊者向けのポストカード。左上が明治時代に完成した初代帝国ホテル。下が2代目ライト館の戦前の姿。右上が3代目となる現在の新本館。帝国ホテルがそれぞれの年代の建物へ込めた思いが伝わってくる
 

明治村ライト館。細かい造形に圧倒される

明治村ライト館の壁と銅板仕上げの透かしのある屋根庇。水平垂直の直線と古代中南米の石像装飾を思わせる細かい造形が特徴
 

あの東宝製! 東武ワールドスクウェアの模型

北側の銀座みゆき通りからの俯瞰。ホールのある棟やアーケード入り口、中庭、饗宴場があったことが分かる(東武ワールドスクウェアの模型)
 

100周年記念展覧会には、貴重な展示物の数々

100周年記念展覧会では、ライト館の饗宴場「孔雀の間」に置かれていたピーコック・チェアも展示されている
 

ライトのデザインを受け継ぐ「4代目」帝国ホテル

「4代目」帝国ホテルのイメージ。シンメトリーのファサードや淡いテラコッタ色にライトデザインの継承が感じられる(帝国ホテルのニュースリリースより)

<本文に戻る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」