「大切な親友」ぺえ、ryuchellとの“最後のお別れ”を報告。「りゅうちぇるがいなければ今の私も存在しません」

タレントのぺえさんが7月20日、12日に急逝したryuchellさんとの別れを済ませたと、Instagramでファンに報告。ryuchellさんへの思いもつづりました。(サムネイル画像出典:ぺえさん公式Instagramより)

タレントのぺえさんが7月20日、自身のInstagramを更新。12日に急逝したタレントのryuchellさんについて言及しました。
 

【実際の投稿:ぺえ、親友ryuchellと「最後のお別れ」】
 

「苦しい中、投稿してくれてありがとう」

ぺえさんは投稿で、「大切な親友が亡くなりました。最後のお別れをしてきました」とファンへ報告。続けて、「私はりゅうちぇるがいてくれたから りゅうちぇると一緒だったからたくさんのことを乗り越え、生きてこれました。りゅうちぇるがいなければ今の私も存在しません」と、ryuchellさんとの関係を語っています。
 

「まだまだ心の整理ができず」とつらい胸中を明かしたぺえさん。「あたし貴方のために一生懸命に生きるね。弱いけど前を向いていくよ。諦めずに幸せになるね」と、前向きな言葉もつづりました。
 

ファンからは、「苦しい中、投稿してくれてありがとう」「私も、がんばります」「わたしもまだ受け入れきれていません」「なんてコメントしていいのか」「みんなぺぇちゃんの側にいるよ」と、温かい声やryuchellさんの訃報を受け止められずにいるなど、さまざまな声が寄せられました。
 

YouTube動画でも、ryuchellさんへの思いを語る

同日、ぺえさんは自身のYouTubeチャンネル「ぺえ」で動画を更新。『ありがとう。そして、皆さんに向けて』と題した動画でryuchellさんについて約8分にわたって語り、「苦しいことやつらいこともたくさんあると思いますが、手を取り合って一緒に生きていきましょう」と、ファンへメッセージを送っていました。
 

 

>次ページ:ぺえさんとryuchellさんのツーショットも見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」