「未だに信じられません」peco、家族3人で見た虹の写真とともに「かけがえのない息子を、必ず守ります」と決意表明

タレントでモデルのpecoさんは7月13日、自身のInstagramを更新し、12日に死亡が報道されたryuchellさんについて言及。その思いとは……。(サムネイル画像出典:pecoさん公式Instagramより)

タレントでモデルのpecoさんが7月13日、自身のInstagramを更新。12日に死亡が報道されたタレントのryuchellさんについて、思いをつづりました。
 

【実際の投稿:peco、ryuchellの死亡について胸中語る】
 

「未だに信じられません」

pecoさんは、「7月12日、りゅうちぇるが亡くなりました。このようなことを皆様にお伝えしなければいけないこと、未だに信じられません。息子に、息子がだいすきなダダのことを伝えるのは、今日まで生きてきた中でいちばん辛い瞬間でした」と吐露。
 

続けて、「わたしは今も、そして息子が大きくなったときも、胸を張って『あなたをいちばん愛している最高のダダだよ』と息子に伝え続けます」ともつづりました。
 

10日には家族そろって息子の誕生日を前祝い

また、pecoさんは「わたしと息子は、息子のサマースクールのため、グアムに数週間滞在する予定でした。息子の5歳のお誕生日だった7月11日の前日は、じつはりゅうちぇるも日本からお祝いしにグアムへ来てくれていました」と明かし、10日にryuchellさん、pecoさん、息子の3人で一緒に見た虹の写真も公開しています。
 

11日に息子をスクールに見送った後は、「いろいろ報告しあったり、涙が出るほどおなかを抱えて笑い、気をつけて帰ってね~」とryuchellさんに告げた翌12日に死亡の連絡を受け、「まったく現実とは思えませんでした」と振り返っています。
 

また、「皆様からのあたたかいお言葉、ご心配、本当に本当にありがとうございます」「わたしは、りゅうちぇるが出会わせてくれたわたしたちのかけがえのない息子を、必ず守ります」と感謝の思いと決意とともに、報道陣に対して「親族や友人への取材や、憶測などでの記事掲載も、どうか控えていただきますよう」とお願いをしました。
 

コメント欄には、「りゅうちぇるのこと、私もこれからも大好き」「無理をしないで。たくさん泣いて」「ずっとりゅうちぇるのこと忘れません」「ぺこちゃんの大きな愛に読んでいて涙が溢れています」など温かな声があふれ、大きな反響を呼んでいます。
 

ストーリーズで報道陣へ取材に関し再度のお願い

14日、pecoさんはInstagramのストーリーズに、「りゅうちぇるのことをやさしいあたたかいお言葉とともに報道していただけること、とてもとても感謝の気持ちでいっぱいです」とつづった上で、「ですが、自宅や事務所の周りでお待ちいただくことは近隣の方へのご迷惑にもなっております」として、13日の投稿内容以外は「今お話させていただけることはなにもありません」「どうかもうこれ以上は、ご遠慮いただきますよう」と投稿しました。
 

ryuchellさんとpecoさんは2016年に結婚。その後、2018年に長男が誕生し、2022年8月にはそれぞれのInstagramで離婚を発表。今後は「新しい家族のかたち」で過ごしていくとファンへ報告していました。
 

 

■#いのちSOS
0120-061-338
日・月・火・金 0~24時まで
水・木・土 6~24時まで

■いのちの電話
0120-783-556
毎日16~21時まで

■よりそいホットライン
0120-279-338
岩手県・宮城県・福島県は 0120-279-226

■こころの健康相談統一ダイヤル
0570-064-556
※NTTコミュニケーションズが定める通話料がかかります。電話会社の通話料割引サービスや、携帯電話の料金定額プランの無料通信は適用されません
相談対応の曜日・時間はこちらから


次ページ:pecoさんの投稿全文など関連投稿はこちら
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望