「最高の彼女感や」齋藤飛鳥、“宅飲み”風の彼氏目線ショットにファン歓喜! 「一緒に呑み行きたい」

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、7月19日に自身のInstagramを更新。プライベート感あふれるショットを公開しました。(サムネイル画像出典:齋藤飛鳥さん公式Instagramより)

元乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、7月19日に自身のInstagramを更新。プライベート感あふれるショットを公開しました。


【実際の投稿:齋藤飛鳥、お酒を飲むプライベート風ショット】
 

「もぐもぐ飛鳥ちゃんが世界一可愛い!」

齋藤さんは絵文字と共に5枚の写真を投稿。おしゃれな部屋のソファに座って食事をする様子を公開しました。1、2枚目では瓶ビールを飲む姿とカメラを見ながら食事を口に運ぶ姿を載せ、まるで彼氏になったような気分にさせるショットを見せています。3、4枚目では満面の笑みでドリンクと料理を楽しむ様子を披露。ファンにはうれしい貴重なプライベート風の投稿になりました。

ネット上では「いっぱい飲んでいっぱい食べてオフ感満載で楽しそうな飛鳥さんが見れて幸せ」「最高の彼女感や!」「一緒に呑み行きたい」「もぐもぐしてるのもクシャッとした顔もかわいすぎ」「もぐもぐ飛鳥ちゃんが世界一可愛い!」など、称賛の声が上がっています。
 

“ぐでたま”ショットに公式アカウントが反応

齋藤さんは5枚目にカレーライスの上に目玉焼きを乗せた料理の写真を投稿。編集機能で卵の黄身に目と口を書き加えて、サンリオの人気キャラクター・ぐでたま風に加工しています。

この投稿を受けてなのか、ぐでたまの公式Twitterが同日直後に投稿を更新。齋藤さんの載せた写真と同じ画角でぐでたまのイラストを披露しました。さらに齋藤さんが直後にInstagramで「わあ!笑 ありがとうございます」と、感謝をつづっています。ほっこりするほほましいやりとりですね。
 



>次ページ:齋藤飛鳥さんとぐでたま公式Twitterのやりとりも見る

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応