39歳女性クラウドワーカー、収入ほぼなし。実家で年収400万円の母親と2人暮らしをする理由

All About編集部は、実家暮らしをしている人を対象に、生活費の内訳や実家暮らしを選んでいる理由などについてアンケート調査を行いました。本記事では、39歳女性のエピソードを紹介します。


仕事の事情や自身の体調など、実家暮らしを選ぶ理由はさまざまです。また、実家暮らしをするうちに、仕事は安定したものの、両親の介護などの事情でそのまま実家に住み続ける人もいます。

All About編集部は、2023年5月29日~6月12日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、兵庫県西宮市在住・39歳女性のエピソードを紹介します。
 

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:39歳女性
在住:兵庫県西宮市
家族構成:親2人、自分
世帯年収:母親400万円
実家の間取り:4LDK (持ち家のマンション)
職業:クラウドワーカー(無職)
 

毎月の生活費や貯金額は?         

実家に入れている生活費:0円
交際費:0円
毎月のお小遣い:800円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:1000万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35~59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者の場合、毎月の交際費がなく、お小遣いも1000円未満とのことで、現状の生活コストはほとんどかかっていないようです。
 

「実家暮らしでなんとか生活していける状態」

実家暮らしを選んでいる具体的な理由については「健康面でもスキル面でも、実家暮らしでなんとか生活していける状態だからというのが一番」と回答し、「実家が駅近で災害時でもいい立地のマンションの3階以下だからというのが大きい」と続けました。また、自身の体調面で不安があるといい、恋愛や結婚願望はないとのことです。

実家暮らしで苦労している点については「1人暮らしの苦労に比べたらほとんどない」と回答したものの、「しいていうならパソコンやTV、時にはトイレまで、使いたい時に使えないことがあることくらい」と話してくれました。現状は、自身の体調を優先し、スキルを生かして活動できる範囲で仕事に従事しているそうです。


※回答者のコメントは原文ママです
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない