好きな「若手ハリウッド俳優」ランキング! 2位「ティモシー・シャラメ」を抑えた1位は?

All About編集部は、「ハリウッド俳優」に関する独自のアンケート調査を実施。この記事では「好きな若手ハリウッド俳優」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:ティモシー・シャラメの公式Instagramより)

世界的に大ヒットするハリウッド映画では、若手俳優が活躍し新たなスターが誕生しています。

そこで、All About編集部は6月19日~7月3日、10~70代の441人を対象として「ハリウッド俳優」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「好きな若手ハリウッド俳優」ランキングを紹介します。

>7位までの全ランキング結果を見る
 

2位:ティモシー・シャラメ

2位にランクインしたのは、ティモシー・シャラメです。1995年生まれのティモシー・シャラメは、幼少期からCMなどに出演し、17歳のときにテレビシリーズ『HOMELAND』に出演。甘いルックスと演技力の高さで、一躍若手の演技派俳優の代表格として注目されます。

2014年に『ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界』で映画デビューすると、超大作の『インターステラー』にも出演。2017年に公開された『君の名前で僕を呼んで』では、アカデミー主演男優賞をはじめ、多数の賞にノミネートされました。その後も『DUNE デューン 砂の惑星』、『ボーンズ アンド オール』など、注目作に多く出演します。

現在は、『チャーリーとチョコレート工場』の前日譚となるミュージカル映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』で主演を担当することが発表されています。

アンケートの回答者コメントでは、「なかなか出せないセクシーさがある」(静岡県/20代女性)、「イケメンだけど、お茶目な一面があるから」(岐阜県/20代男性)、「出演した映画を一度見たことがあるが、演技がとても美しかったため」(岡山県/20代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:トム・ホランド

1位にランクインしたのは、トム・ホランドです。1996年生まれのトム・ホランドは、『インポッシブル』で映画デビューを果たします。『わたしは生きていける』『白鯨との闘い』などで注目を集めると、『スパイダーマン ホームカミング』で3代目スパイダーマンに抜てきされます。同作は世界的に大ヒットを記録し、『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ エンドゲーム』など、一連のマーベル・シネマティック・ユニバース作品にも参加。

その後、スパイダーマン以外にもさまざまな作品に出演し、Apple TV+のドラマシリーズ『クラウデッド・ルーム』では主演・製作総指揮を担当しています。

アンケートの回答者コメントでは、「スパイダーマンがはまり役で大好きになりました」(神奈川県/30代女性)、「出演作をよく選んでいて、イギリス人ながら米国で成功し続けていることがすごい」(岡山県/40代女性)、「有名作品に出ており、これからの活躍が期待できる」(茨城県/30代女性)といった声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

>7位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」