『ごくせん』シリーズ歴代の生徒役で好きな俳優ランキング! 小栗旬を抑えた1位は?

第3シリーズまで放送された人気学園ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)。現在では主役級の俳優が数多く出演していた『ごくせん』シリーズ歴代の生徒役で好きな俳優ランキングを発表します! (サムネイル画像出典:映画『銀魂2』の公式Instagramより)

6月30日から『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』が公開され、興行通信社が発表した7月2日までの「全国映画動員ランキング」で1位を獲得しました。時代を問わず、学園が舞台の“ヤンキーもの”の作品は人気が高いジャンルです。

中でも、2002年に第1シリーズが放送され、数々の若手人気俳優が出演した『ごくせん』(日本テレビ系)シリーズは、今なおファンから支持を集める作品。        

All About編集部は、6月15〜29日の期間、全国20〜70代の男女419人を対象に、テレビドラマ『ごくせん』シリーズ出演俳優に関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、『ごくせん』シリーズ「歴代の生徒役で好きな俳優」ランキングを紹介します。
 

>22位までの全ランキング結果を見る 
                     

第2位:小栗旬/内山春彦(第1シリーズ)


第2位は、小栗旬さん。2002年に放送された『ごくせん』第1シリーズにて、松本潤さん演じる沢田慎の取り巻きの1人、不良グループ内でも中心的存在の内山春彦を演じました。仲間からも通称「うっちー」で慕われ、長めの金髪ヘアがトレードマーク。血の気が多くけんかっ早い反面、母親思いで義理人情に厚い面が人気の登場人物です。

回答者からは、「小栗さんを始めて認識した役柄であり、不良役でありながら優しさを秘めた役を見事に演じられており、魅力的でした(40歳女性)」「悪さの裏に格好良さを感じさせていたから(56歳男性)」「お母さん想いの良い役だったので印象深いです(43歳女性)」などのほか、

「今の小栗旬さんの原点を感じるからです(48歳男性)」など、演技力が際立って目立っていたとの声もありました。小栗さんは『ごくせん』出演後にブレークし、人気漫画の実写化作品『銀魂』シリーズなどでも主演を務め、日本を代表する実力派俳優の1人として現在も活躍しています。
 

第1位:松本潤/沢田慎(第1シリーズ)


第1位は、松本潤さんでした。2002年放送の『ごくせん』第1シリーズで、不良たちのリーダー格・沢田慎を演じました。クールで仲間思い、頭脳明晰(めいせき)でスポーツ万能、さらに松本さんのイケメンぶりが輪をかけて、非の打ちどころのないヒーロー的存在として人気を集めました。

回答者からは、「とにかく、衝撃的にカッコよかった(46歳女性)」「松潤以外に考えられない。ツンデレが良かった(52歳女性)」「あの役がかっこよかった! クールな感じ! 続きも出て欲しかった(33歳女性)」「初めて松潤をカッコいい! と見つけたドラマだった(44歳女性)」など、『ごくせん』で松本さんのファンになった、との声も多く寄せられました。


>次のページ:22位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About NEWSでのライター歴は5年。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在