【崎陽軒】7月5~7日だけ発売! 「七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~」ってどんなお弁当? 中身をチェック

シウマイでおなじみの崎陽軒が七夕の夜空をイメージした「七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~」を3日間限定で発売。牛肉ちらし寿司をメインに星型のおかずを詰め合わせています。

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒が、七夕の夜空をイメージした「七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~」を2023年7月5~7日の3日間限定で発売。どのようなお弁当なのか、中身をチェック!(画像は全て提供)

夜空をイメージした星型のおかずも

七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~(税込1350円)
七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~(税込1350円)

「七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~」は、織姫と彦星が出逢える年に1度の七夕を楽しんでもらいたいと、崎陽軒が7月5~7日の3日間限定で発売するお弁当です。

メインとなる「牛肉ちらし寿司」は、酢飯によく合う甘辛い味付けの牛肉しぐれ、プチプチとした食感のとびこ、きぬさや、錦糸玉子などを盛り付けて、見た目も華やかに仕上げてあります。

七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~

「海藻麺と蒸し鶏の天の川サラダ 星型マカロニのせ」は、蒸し鶏と甘酢風味の海藻麺をごまドレッシングでさっぱりと和えたもの。七夕の星空をイメージし、彦星と織姫に見立てた星型のマカロニをトッピングしています。

星型しんじょ煮と星型人参煮は、夜空に浮かぶ星をかたどった優しい味わいの煮物。このほか、笹かまぼこ、シウマイ弁当にも入っている昔ながらのシウマイ(3個)と筍煮、海老の黄身揚げ、大根なす漬けも入っています。

デザートの笹団子は、程よい甘みと笹の爽やかな香りですっきりとした味わいです。

年に1度の七夕を楽しんで!

広報担当者は「古くから伝わる日本の夏の風物詩の1つである七夕の行事食の提案として、2022年に発売をスタートしました。食べ応えと見た目の華やかさを両立させた『七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~』と共に、年に1度の七夕をお楽しみください」とコメントしています。


>次ページ:「七夕弁当 ~牛肉ちらし寿司~」はどこで買える?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」