「世界一、綺麗な花嫁」元フジアナ久慈暁子、ウエディングドレス姿を披露! 「き、綺麗過ぎます」「さすが“本業”」

元フジテレビアナウンサーの久慈暁子さんは6月29日、自身のInstagramを更新。美しいウエディングドレス姿を披露しました。(サムネイル画像出典:久慈暁子さん公式Instagramより)

元フジテレビアナウンサーの久慈暁子さんは6月29日、自身のInstagramを更新。美しいウエディングドレス姿を披露しました。

【実際の投稿:久慈暁子、ウエディングドレス姿を披露】
 

「か、か、かわいすぎて」

久慈さんは「現在発売中の『 #BAILA 8・9月合併号』の別冊付録『婚+ふたりBAILA』に出演させていただきました」とつづり、自身の写真を4枚載せています。

純白のウエディングドレスを着用した姿です。1枚目は上半身ショット、2、3枚目はさらにアップのショット、4枚目は全身ショットで、“美”を惜しげもなく披露しています。NBAブルックリン・ネッツの渡邊雄太選手とすでに結婚している久慈さんですが、これから結婚するかのような雰囲気です。

コメントでは「か、か、かわいすぎて」「素敵ですね」「き、綺麗過ぎます」「かわいくて綺麗な花嫁さんですね~」「綺麗すぎる」「メッチャ綺麗です!」「まさにビューティフル」「さすが“本業” !!」「世界一、綺麗な花嫁ですね!」と、称賛の声が多数上がっています。
 

『BAILA』の別冊付録に登場!

久慈さんはファッション誌『BAILA』2023年8・9月合併号(集英社)の別冊付録『婚+ふたりBAILA』に登場。投稿では「美しいドレスとジュエリーに心ときめく撮影でした」と感想をつづっています。同誌は発売中なので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!
 

>次ページ:渡邊選手とのツーショットも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」