主演ドラマが見たい25歳以下の「若手男性俳優」ランキング! 2位「中川大志」、1位は?

All About編集部は、いま注目の若手俳優に関する独自のアンケート調査を実施。今回はその中から、主演ドラマが見たい25歳以下の「若手男性俳優」ランキングを紹介します。

中川大志さん(写真:Motoo Naka/アフロ)

まもなく2023年の夏ドラマが始まりますが、多くの若手俳優が出演予定です。人気俳優は若くして主演を務めることもあり、卓越した演技力で作品を盛り上げます。
 

All About編集部は5月29日~6月17日、全国10~60代の427人を対象に「25歳以下の若手俳優」に関する独自アンケートを実施。本記事ではその中から、元テレビ局スタッフの筆者が「主演ドラマが見たい25歳以下の若手男性俳優」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

2位:中川大志

2位には、1998年6月14日生まれの中川大志さんがランクイン。 2009年に、子役として俳優デビューした中川さんは、2011年放送の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で長男役を務め注目を集めることに。さらに、2016年放送のNHK大河ドラマ『真田丸』、2019年度前期放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』など話題作に出演して人気を集めます。
 

主演作は映画が多く、『虹色デイズ』『覚悟はいいかそこの女子。』などで、鮮烈な演技を披露。第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、大ブレークを果たします。ドラマでは、2021年放送の『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)をはじめ、2023年6月17日に放送した『世にも奇妙な物語'23 夏の特別編』の「小林家ワンダーランド」で主演を担当。人気、実力ともに申し分ない中川さんに、もっと主演作を見てみたいという票が集まりました。
 

アンケートの回答者コメントでは、「意外と主演でのドラマを見たことが無いので、これから期待したいです」(神奈川県/20代女性)、「演技がうまいのと、この人を主役に据えた時代劇をみたい」(大阪府/30代男性)、「ダントツで大河の主演をやってほしい人です」(兵庫県/50代女性)といった声が寄せられました。
 

1位:北村匠海

1位は、1997年11月3日生まれの北村匠海さんです。2008年に映画『DIVE!!』、ドラマ『太陽と海の教室』(フジテレビ系)への出演で本格的に俳優業を開始。その演技力が認められたのは、2017年公開の映画『君の膵臓をたべたい』です。主演に抜てきされ、繊細な演技が高い評価を受け、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。
 

その後は、『君は月夜に光り輝く』『とんかつDJアゲ太郎』など映画での主演作が続き、2021年には主人公・花垣武道役を担当した『東京リベンジャーズ』シリーズがスタートします。さらに『明け方の若者たち』『スクロール』で主演を務めるなど大活躍。そんな北村さんは、2023年12月からNetflixで配信される『幽☆遊☆白書』で、主人公の浦飯幽助役を担当する予定。ドラマ作品では主演作が少なく、もっと見たいというファンが多くいるようです。
 

回答者コメントでは、「演技がうまいからです。教場の演技も良かった」(北海道/40代女性)、「彼の出る作品は面白いものばかりだからです」(兵庫県/20代女性)、「花垣以外のキャラクターも見たいです」(埼玉県/30代男性)といった声が寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」