イケメンだと思う25歳以下の「若手男性俳優」ランキング! 2位「北村匠海」、1位は?

ドラマや映画だけでなく、雑誌やCMなどさまざまな場面で活躍している25歳以下の「若手男性俳優」たち。All About編集部が実施した独自のアンケート調査から、イケメンだと思う25歳以下の「若手男性俳優」ランキングを紹介します(画像出典:映画『東京リベンジャーズ2』公式Instagram)。

ドラマや映画で活躍し、雑誌やCMなどで毎日のように顔を見る機会がある25歳以下の若手俳優たち。
 

All About編集部は5月29日~6月17日、全国10~60代の427人を対象に「25歳以下の若手俳優」に関する独自アンケートを実施しました。本記事では男性俳優に注目して、元テレビ局スタッフの筆者が「イケメンだと思う25歳以下の若手男性俳優」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:北村匠海


2位は、1997年11月3日生まれの北村匠海さんです。
 

俳優として、2017年公開の映画『君の膵臓をたべたい』で主演に抜てきされると、その端正なルックスが話題となり大ブレーク。モデルとしても雑誌に出演し、同世代を中心にカリスマ的な人気を獲得します。
 

俳優業と並行して、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバーとしても活動。透き通る歌声を聞かせて、これまで数多くのヒット曲を発表してきました。
 

俳優としての快進撃は続き、2021年には大ヒット映画『東京リベンジャーズ』に主人公・花垣武道役で出演。2023年に入ってからは、『星降る夜に』(テレビ朝日系)、『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)、『風間公親ー教場0ー』(フジテレビ系)と話題のドラマに出演し続けます。今後は、11月10日公開の映画『法廷遊戯』に出演、12月にはNetflixで配信される『幽☆遊☆白書』で主人公の浦飯幽助役を担当する予定です。
 

CMでも北村さんを見る機会は多く、「ZOZOコスメ」「niko and...」など、そのイケメンすぎるルックスを生かした仕事も行っています。
 

回答者コメントでは、「歌手活動中の彼は、更にイケメンに見えるなあと思っています」(青森県/50代女性)、「顔が整っていて雰囲気もあってカッコいい」(愛知県/40代女性)、「現代風のかっこよさを持っている」(神奈川県/20代男性)といった声が寄せられました。
 

1位:中川大志


1位は、1998年6月14日生まれの中川大志さんです。
 

2009年に俳優デビューを果たした中川さんは、2011年に放送された『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で長男役を演じ注目を集めます。同時期にファッション誌『nicola』(新潮社)でメンズモデルとして登場し、同世代の女子から人気を獲得。その後は、NHK大河ドラマ『真田丸』をはじめ、『花のち晴れ〜花男Next Season〜』(TBS系)、NHK連続テレビ小説『なつぞら』などに出演し、甘いルックスが大きな話題となります。
 

過去には、ファッション誌『ViVi』(講談社)が選ぶ「国宝級イケメンランキング」の2016年下半期で1位に選ばれたこともある中川さん。
 

2022年にはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演し、2023年に入ってからは6月17日に放送されたドラマ『世にも奇妙な物語'23 夏の特別編』の「小林家ワンダーランド」で主演を担当。7月13日からは、Netflixで配信されるドラマ『御手洗家、炎上する』に出演するなど活躍が続いています。
 

回答者コメントでは、「キリッとした顔立ちと、立ち振る舞いにさわやかさを感じる」(茨城県/50代女性)、「落ち着いた雰囲気と端正な顔立ちから、イケメンだと思います」(千葉県/50代男性)、「知名度、人気もあり、顔の配置が綺麗だから」(東京都/20代女性)といった声が寄せられました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
 
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化