25歳以下の「好きな若手男性俳優」ランキング! 2位「中川大志」、1位は?

All About編集部では、独自のアンケート調査を行い「25歳以下の好きな若手男性俳優」のランキングを作成しました。さまざまな作品で若手男性俳優が活躍する中、人気を集めたのは誰だったのでしょうか?(サムネイル画像出典:中川大志さんの公式Instagram)

そろそろ夏に向けて新作の話題が出てくる頃ですが、ドラマや映画など、さまざまな作品で活躍しているのが若手俳優たちです。主演を担当する場合も多く、大きな注目を集めています。
 

All About編集部は5月29日~6月17日、全国10~60代の427人を対象に「25歳以下の若手俳優」に関する独自アンケートを実施しました。本記事ではその中から「25歳以下の好きな若手男性俳優」ランキングについて、元テレビ局スタッフの筆者が紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:中川大志

2位は、1998年6月14日生まれの中川大志さんです。
 

2009年に俳優デビューを果たした中川さんは、2011年に放送された『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で長男役を演じ大きな注目を集めます。その後は、NHK大河ドラマ『真田丸』をはじめ、『花のち晴れ〜花男Next Season〜』(TBS系)、NHK連続テレビ小説『なつぞら』などで、鮮烈な演技を見せて大ブレーク。
 

その後も活躍は続き、映画『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』では、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2022年には、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演して人気を高めます。
 

2023年に入ってからは、6月17日に放送されたドラマ『世にも奇妙な物語'23 夏の特別編』の「小林家ワンダーランド」で主演を担当。7月13日からは、Netflixで配信されるドラマ『御手洗家、炎上する』に出演する予定です。
 

アンケートの回答者コメントでは、「誠実そうな瞳が好きだし、『家政婦のミタ』の頃を知っているので、なんとなく親戚のような気持ちになっていて応援しています」(青森県/50代女性)、「若いながらも大河ドラマで存在感を発揮していたから」(福岡県/40代女性)、「NHNの朝ドラなつぞらを観ていて好きになりました」(埼玉県/60代男性)といった声が寄せられました。
 

1位:北村匠海

1位は、1997年11月3日生まれの北村匠海さんとなりました。
 

俳優として、2008年に映画『DIVE!!』や、ドラマ『太陽と海の教室』(フジテレビ系)に出演し本格的に活動を開始。その後、さまざまな作品に参加しますが、特に注目を集めたのは2017年に公開された映画『君の膵臓をたべたい』でした。浜辺美波さんと共に主演に抜てきされ、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。端正なルックスと、憑依型の本格的な演技が支持を得て、ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)や、映画『君は月夜に光り輝く』で人気を高めます。
 

2021年には、大ヒット映画『東京リベンジャーズ』に主人公・花垣武道役で出演。2023年に入ってからは、同作の続編をはじめ、『星降る夜に』(テレビ朝日系)、『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)、『風間公親ー教場0ー』(フジテレビ系)と話題のドラマで重要な役を立て続けに務めています。今後は、11月10日公開の映画『法廷遊戯』に出演、12月にはNetflixで配信される『幽☆遊☆白書』で主人公の浦飯幽助役を担当する予定です。
 

ダンスロックバンド・DISH//のメンバーとしても活躍する北村さん。幅広い世代から男女問わず人気を集めています。
 

回答者コメントでは、「隣の家族は青く見えるでの演技が好きだったので」(兵庫県/40代女性)、「演技もうまいが、歌もうまくて好きだから」(埼玉県/20代女性)、「役柄によってガラッと印象が変わるし、安定感があるから」(福岡県/30代女性)といった声が寄せられました。
 

※回答者コメントは原文ママです

>10位までの全ランキング結果を見る


筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化