25歳以下の「好きな若手女性俳優」ランキング! 2位「永野芽郁」、1位は?

多くの若手俳優が、ドラマや映画を中心に活躍しています。そこでAll About編集部は、「25歳以下の若手俳優」に着目。アンケート調査を基に「25歳以下の好きな若手女性俳優」ランキングを作成しました。(サムネイル画像出典:永野芽郁さんの公式Instagram)

ドラマや映画を中心に、25歳以下の若手俳優たちが数多く活躍しています。CMやバラエティ番組でもその姿を見ることがあり、皆さんも応援している俳優が何人かいるのではないでしょうか?
 

All About編集部は5月29日~6月17日、全国10~60代の427人を対象に「25歳以下の若手俳優」に関する独自アンケートを実施。その中から、元テレビ局スタッフの筆者が「25歳以下の好きな若手女性俳優」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

2位:永野芽郁

2位にランクインしたのは、1999年9月24日生まれの永野芽郁さんです。


子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』でデビューし、ドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)などにも出演していた永野さん。並行してファッション誌『nicola』(新潮社)でモデルを務め、同世代を中心に人気を獲得します。


俳優としては、NHK大河ドラマ『真田丸』や、ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ/フジテレビ系)などで注目され、2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインに抜てきされます。同作では病気による左耳の失聴を抱える主人公・楡野鈴愛を熱演。俳優として国民的な人気を獲得し、その後もドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)、『ユニコーンに乗って』(TBS系)で主演を務めるなどさまざまな役を演じてきました。


2022年は『マイ・ブロークン・マリコ』『母性』と立て続けに話題の映画に出演。2023年もドラマ『御手洗家、炎上する』の配信(Netflixで7月13日から)や、映画『こんにちは、母さん』の公開(9月1日から)を控えています。
 

公式Instagramのフォロワーは471万人を超える(※2023年6月時点)など、男女問わず高い人気を誇る永野さん。
 

アンケートの回答者コメントを見ると、「役によって随分雰囲気が変わるから」(長野県/50代女性)、「笑顔がかわいくて大好きです。演技も上手ですし、いつもテレビでニコニコしているイメージがします」(新潟県/20代女性)、「朝ドラを見ていたときから演技が上手くて気になっていた」(大阪府/50代男性)といった声が寄せられています。

 

1位:橋本環奈

1位にランクインしたのは、1999年2月3日生まれの橋本環奈さんでした。
 

2013年、地元の福岡でアイドル活動をしていた際、ファンによって撮られた写真が「奇跡の一枚」として大きな話題に。その後、東京に活動拠点を移し2016年3月に公開された『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演を務め、本格的に俳優活動を開始します。同作で第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し大ブレークを果たすと、その後は『キングダム』シリーズ、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『弱虫ペダル』など映画を中心に大活躍します。
 

2023年に入ってからは、ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)で主演を務め、等身大の演技で人気を獲得。今後は映画『春に散る』(8月25日公開)、『禁じられた遊び』(9月8日公開)、『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』(Netflixで9月14日から配信)など、さまざまな作品で主演やヒロインを担当する予定です。
 

公式Twitterアカウントのフォロワーは449万人を超えるほど(※2023年6月時点)、幅広い世代から人気を集めている橋本さん。
 

アンケートの回答者コメントを見ると、「顔面が圧倒的。性格もサバサバしていて好きだから」(静岡県/20代女性)、「度胸もあるし、何でもそつなくこなし、役柄もヒール役からヒロインもこなせる」(大阪府/50代女性)、「ドラマや映画に加えて、トーク番組やバラエティで好印象となった」(東京都/40代男性)といった声が寄せられています。
 

※回答者コメントは原文ママです

>10位までの全ランキング結果を見る


この記事の筆者:ゆるま 小林 プロフィール
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても