コムドット・やまと、体調不良から完全復活。約1週間ぶりの動画更新に「コムドットは最高で最強」「退院おめでとう」ファン歓喜

高熱で救急搬送されたコムドットのやまとさんが、6月22日に公開された動画で復帰。「おかえりなさい!」と温かい声が寄せられています。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「コムドット」)

5人組YouTuberのコムドットが6月22日、自身のYouTubeチャンネル「コムドット」で約1週間ぶりに動画を更新。体調不良で活動休止していたやまとさんも登場し、「完全復活」とファンへ報告しました。
 

【実際の投稿:高熱で救急搬送されたコムドット・やまとが完全復活】
 

『ViVi』の撮影中に倒れる

15日に喉の違和感があったというやまとさん。16日になっても治ることはなかったものの、その日は妹のせいらさんとファッション雑誌『ViVi』(講談社)の表紙撮影があったため、現場へ向かったと話します。ところが、撮影中に熱が上がりスタッフからも「顔白すぎるよ」と言われ、休憩に入ったところ倒れてしまったとのこと。「頑張ろうとしても立てないレベル」になり、急きょ病院へ行くことに。その時点で熱が39度だったと言いました。
 

病院でPCR検査とインフルエンザ検査を受け、結果はどちらも陰性。「ただの風邪」と診断され、解熱剤と喉の炎症を抑える薬を処方され帰宅すると、熱はなんと40度以上に。その後も熱は下がらず体の痛みに加え、幻覚まで見えるようになり、マネージャーに救急車を呼んでもらい、病院へ搬送されたと話しました。
 

「人生で間違いなく1番きつかった」

その後、看護師から「インフルエンザでした」と告げられ、そのまま入院。インフルエンザの薬も効かなかったため、点滴を打ちながら熱を下げたと語りました。「死ぬかと思った」「人生で間違いなく1番きつかった」と、振り返っています。
 

コメント欄は、「退院おめでとう」「おかえりなさい!」と、やまとさんの復帰を喜ぶ声であふれました。そのほか、「本当にコムドットは最高で最強」「こんなにやつれたやまとは初めて見たな」「この1週間寂しかった」など、さまざまな声も寄せられました。中には、「しんどい中ストーリあげてくれてありがとう!」と、やまとさんが点滴を打つ姿を病室からInstagramのストーリーズでファンに状況を伝えたことに感謝する声も上がりました。
 

21日にTwitterを更新

21日、やまとさんは自身のTwitterで、「完全復活しました!!! 今日みんなと撮影してきます 心配してくれてたみんな本当に本当にありがとうございました」とつづり、車中で撮影されたと思われる自撮りショットを公開。「これからも日本中に面白い動画を届けて」「身体に気をつけてね」と温かい声が寄せられていました。
 



>次ページ:関連投稿をもっと見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」