コロチキ・ナダル、FUJIWARA・原西にブチギレられるドッキリ動画に「人として唯一無二でやっべぇ奴」の声!

お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズの公式YouTubeチャンネル『よろチキチャンネル』が、6月13日に動画を投稿。ドッキリ動画を公開しました。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル『よろチキチャンネル』より)

お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズの公式YouTubeチャンネル『よろチキチャンネル』が、6月13日に動画を投稿。ドッキリ動画を公開しました。


【実際の投稿:コロチキ、ブチギレドッキリ動画】
 

「ほんまお笑い以外やったら絶対生きていけなかっただろうな」

同チャンネルは『【ドッキリ】遅刻したナダルに原西さんがブチギレました』と題した動画を投稿。先輩芸人であるFUJIWARAの藤本敏史さん、原西孝幸さんとコロコロチキチキペッパーズ・西野創人さんの3人で始まると、コロコロチキチキペッパーズ・ナダルさんが遅刻している状況を説明。急きょナダルさんにドッキリを仕掛ける企画に変更したことを報告しました。普段温厚なイメージのある原西さんがブチギレることに。

ナダルさんは到着すると、ガムをかんで登場。最初は笑顔も見られましたが、FUJIWARAの2人の静かな雰囲気を感じたのか、だんだんと表情が固まり始めます。遅刻の理由を聞かれると、「奥さんにアイスを頼まれて探し回った」「ギリギリまで打ち合わせがあった」「家事をしていた」など、次々と言い訳。だんだんと声が大きくなり、「入り時間言った?」と西野さんに問い詰めるなど、支離滅裂な状況に藤本さんと西野さんは笑いを必死にこらえています。

原西さんもエスカレートしていくとナダルさんは流れるように四つんばいに。険悪なムードにコラボレーション撮影を中止しようという話になると、ナダルさんは誰よりも早くハットをかぶり帰り支度をします。ナダルさんが帰ろうとすると、「テッテレー」とネタバラシ。途中からドッキリに気付いていたのか、リアルな反応なのか、判断の難しいドッキリが終了しました。

ネタバラシ後はナダルさんのツッコミどころを振り返り。「ガムを噛んで登場」「土下座慣れしている」「絶対西野に振る」「すぐ帰ろうとする」など、爆笑のツッコミが飛び交いました。トーク時も仏頂面を見せるナダルさんに、西野さんも「最近ドッキリ多かったけど一番やばかった」「おかしいで」「今日抜群すわ」と振り返っています。

コメント欄では「原西に理がありすぎてナダルの可哀想感ないのがすごすぎる」「今までの割とマジとプロレスの境目分かりやすかったけど今回が一番難しい」「絶対知り合いにいてほしくないタイプの人間で笑う」「フジモンの笑い我慢がおもろすぎ」「ほんまお笑い以外やったら絶対生きていけなかっただろうな」「仮に途中からドッキリに気付いたんだとしても入りがまずヤバすぎて草」「人として唯一無二でやっべぇ奴」など、さまざまな声が寄せられました。

FUJIWARAのチャンネルでは仲良しトーク動画を公開

ドッキリ動画では撮影を中止する流れもありましたが、FUJIWARAのYouTubeチャンネル「FUJIWARA超合キーン」でも同日に動画を投稿。同じ衣装とスタジオで椅子を並べてトークをする動画を公開しています。気になった人はぜひチェックしてみてください。



>次ページ:「FUJIWARA超合キーン」の動画も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応