ヒカル、「買い取りたい」ほど気に入っていた家が強制退去に。“殺害予告”受けたことで「クレームが」

YouTuberのヒカルさんが、住んでいる家を「強制退去」しなければならないと告白した動画を公開。その理由は……。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」より)

YouTuberのヒカルさんが6月14日、自身のYouTubeチャンネル「ヒカル(Hikaru)」で動画を更新。動画復帰の宣言と、「3年過ごしたこの家兼事務所を出ないといけない」と報告しました。一体、なぜ……。
 

【実際の投稿:ヒカル、『3年過ごした家が強制退去になりました』】
 

「一生住んでもいい」と愛着があった高級マンション

ヒカルさんは自主的に転居を希望しているわけではなく、「強制退去」と言います。動画も休止宣言をした3日後に急いで撮影していると話し、退去日が迫っているとのこと。今の家には「一生住んでもいい」ほど愛着があり、強制退去の話が出た際、オーナーに「この家買い取ります」と申し出たほどだそうです。
 

今回の強制退去理由について、ある人物から殺害予告を受けたことがきっかけで、マンションの住民からクレームがあったから、と話しました。「僕がいることでセキュリティを突破してくる危ない奴がいるかもしれないとか」「そういう危険に及ぶかもしれない可能性があると判断された」として、「言い逃れできない」「ガチでそういうことが起こってもおかしくない」と、強制退去を受け入れたそうです。
 

「俺もう手加減せん」誹謗中傷には法的措置

さらにヒカルさんは、「今後ネット上で僕に対してふざけた誹謗中傷してたら片っ端からぶち込んでいくんで 刑務所に」「こういうことになったから俺もう手加減せんからな」と見せしめの意味も込めて、誹謗(ひぼう)中傷をする人には法的措置を取っていくことを宣言。中でもYouTuberのHIKAKINさんの視聴者である「ヒカキンキッズ」に対し、「ガキやからって関係ないからな」と忠告しています。続けてHIKAKINさんに「ファンの民度上げていこ?」「マジで1回くらい注意した方がいいで」と提言しました。
 

コメント欄には、「おおげさではなく、片っ端からやったほうが日本のためになる」「お金で買えない思い出や気持ちが詰まった家を出るのは辛すぎ」「こういう事をちゃんと教えてくれる人貴重な存在」「ファンの民度は大事」「悪いことした訳じゃないのに強制退去って不憫すぎる」など、さまざまな声が寄せられました。
 

不定期更新ながらも動画に復帰したヒカルさん。次回は、大幅に家賃を上げてグレードアップした新居公開動画が公開される予定とのことです。どれほどレベルアップした新居になるのか、注目したいですね。
 



>次ページ:ヒカルさんの動画をもっと見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も