井手上漠、おなか&生脚あらわなミニ丈コーデ! 美女たちとUSJを満喫する姿に「えっちぃ」「ギャル感半端ねえ」の声

ジェンダーレスモデルの井手上漠さんは6月12日、自身のInstagramを更新。セクシーなミニ丈のコーディネート姿を披露しました。友人たちとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を満喫する姿です。(サムネイル画像出典:井手上漠さん公式Instagramより)

ジェンダーレスモデルの井手上漠さんは6月12日、自身のInstagramを更新。セクシーなミニ丈のコーディネート姿を披露しました。
 

【実際の投稿:井手上漠、ミニ丈コーデでおなか&生脚あらわ】
 

「可愛い〜!美人さんばっかの空間」

井手上さんは「ユニバ!!」とつづり、8枚の写真を公開しました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の園内を満喫する姿です。ミニ丈のトップスとスカートを着用し、頭にはリボンの付いた猫耳のカチューシャを着けています。きれいなおなかや脚があらわになっていて、とてもセクシーです。6~8枚目では友人たちと肩を寄せ合い、楽しそうな様子の集合ショットも披露。全員かわいらしく写っています。

コメント欄では「お色気満載」「可愛い〜!美人さんばっかの空間」「えっちぃ」「楽しそう!」「ブラつけとん?」「可愛くてエロい」「素敵すぎる」「超絶かわいい」「美し過ぎてヤバい」「ギャル感半端ねえ」と、多数の反響が寄せられました。
 

過去にもUSJを楽しむ姿を公開

井手上さんは過去にも、USJを満喫するショットを公開しています。2月1日には「現役に叶えたかった制服ユニバ。20になって高校の友達と満喫しましたの」とつづり、友人と共に園内を楽しむ様子を披露。制服姿がとてもよく似合っています。今後もたくさんのすてきなショットに期待したいですね!
 

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」