「最後まで見たい春ドラマ」ランキング! 2位「ペンディングトレイン」、1位は? 【2023年】

All About編集部は、2023年放送の春ドラマに関する独自のアンケート調査を実施。その中から「最後まで見たい(見た)春ドラマ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』公式サイトより)

2023年春クールのドラマは、ラブストーリーや刑事ドラマなど、さまざまなジャンルの作品が放送中。一部最終回を迎えたものもありますが、視聴者が「最後まで見たい(見た)」ドラマは何でしょうか。


All About編集部は6月6~12日、全国10~70代の男女490人を対象に「春ドラマ」に関する独自のアンケート調査を実施。その中から、「最後まで見たい(見た)春ドラマ」ランキングを紹介します。

>25位までのランキング結果を見る
 

2位:『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(TBS系)106票

TBS系『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(画像出典:公式サイト

2位は、TBS系の「金曜ドラマ」として放送中の『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』がランクイン。毎週金曜日の午後10時から放送中のドラマで、山田裕貴さんが主演を務めています。偶然同じ電車に乗り合わせた乗客たちが、とつぜん荒廃した未来へワープしてしまうストーリー。水や食料がない中で、元の世界へ戻ろうと懸命に力を合わせて生き抜く「ヒューマンエンターテインメント」作品として幅広い世代から人気を集めています。

脚本は、『着飾る恋には理由があって』(TBS系)などを手掛けた金子ありささんのオリジナル。山田さんの他にも赤楚衛二さんや上白石萌歌さんなど、個性豊かな俳優が出演しています。

6月16日に放送される9話では、ついに過去に戻ることができた乗客たちの姿が描かれます。しかし、ワープしたのは元の世界の2023年ではなく、地球環境が激変する半年ほど前の2026年5月の東京。クライマックスに向けた予想のつかない展開に、注目を集めています。

回答者からは「飽きないで見てこれて、いつも見終わると次はどのようになっていくのか続きが気になる」(青森県/40代女性)、「今後の展開がどうなるのかがすごく気になる!現代に戻れるのか、恋愛はどうなるかなど、気になる点がいっぱいある」(山形県/20代女性)、「原作がなく結末が気になるため」(岐阜県/30代女性)といった声が寄せられています。

 

1位:『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)107票

TBS系『王様に捧ぐ薬指』(画像出典:公式サイト

1位は、TBS系の「火曜ドラマ」枠で放送中の『王様に捧ぐ薬指』がランクイン。毎週火曜日の午後10時から放送中のドラマで、橋本環奈さんが主演を務めています。わたなべ志穂さんによる漫画が原作で、「ド貧乏シンデレラ」と「絶対的王様の御曹司」が巻き起こすラブコメディ作品です。

橋本さんが担当する主人公の羽田綾華は、Hey! Say! JUMPの山田涼介さん演じる新田東郷と契約結婚し、互いのメリットのためだけに愛のない結婚生活を送ることになります。好きでもなかった相手のはずが、いつしか互いのことを心の底から愛するようになった綾華と東郷。8話では、本当の家族になるために2人が心から結ばれラブラブな描写が話題になりました。

幸せをかみしめる2人ですが、6月13日に放送された9話ではなぜか東郷が別れを切り出す展開に。その裏には、2人の結婚を邪魔したい東郷の母親の存在がありました。最終回に向け、綾華と東郷は試練を乗り越えて本物の愛をつかみ取ることができるのか、注目です。

回答者からは「主役2人の顔面偏差値が高く、みていて癒される」(東京都/20代女性)、「美男美女の二人が契約結婚から本当に愛し合う様子が、ドキドキして面白いのでハッピーエンドになるように祈りつつ最後まで見たいと思います」(千葉県/40代女性)、「キュンキュンする内容と波乱が起こる展開が面白い」(三重県/30代女性)といった声が寄せられています。 


※回答者のコメントは原文ママです


>次ページ:25位までのランキング結果

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」