春ドラマに出演中の「好きな男性俳優」ランキング! 3位は「赤楚衛二」、2位は「大泉洋」、1位は?

All About編集部は2023年4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が「2023年春ドラマに出演している男性俳優の中で最も好き」と答えたのは?(サムネイル画像出典:『ラストマンー全盲の捜査官ー』公式Instagramより)

『風間公親 -教場0-』や『ラストマンー全盲の捜査官ー』など、今期も話題作が豊富な春ドラマ。今話題の俳優陣たちが各作品を彩っていますが、視聴者の中には「この俳優さんが出演しているから見る!」という人も多くいるのではないでしょうか。

そこで、今回は男性俳優にターゲットを絞り、「2023年春ドラマに出演中の男性俳優で好きな人」ランキングを紹介します(All About編集部が2023年4月20日~28日の期間、全国355人を対象に実施したアンケート調査をもとに集計)。
 


>10位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:赤楚衛二

3位には、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)と、金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(TBS系)の2作品に出演している赤楚衛二さんがランクイン。

2015年に俳優デビューし、近年では“チェリまほ”の愛称で知られる『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)や、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』などに出演し、人気急上昇中の赤楚さん。

そんな人気を裏付けるように、今期は2作品で主要キャストを務めています。月9では、木村拓哉さん演じる刑事指導官の風間公親から厳しい指導を受ける新人刑事の1人を演じ、金曜ドラマでは、ある日突然30年後の未来に飛ばされ、極限環境の中でサバイバルをする消防士役を演じています。

回答理由では、「朝ドラで知ったが、かっこよくてすごく自然な演技をすると思うから」(東京都・20代女性)、「演技の幅が広がってきて味が出てきたから」(岩手県・40代女性)、「ちょっと暗めな役がいい。清潔感もあるし、嫌みがない」(広島県・50代男性)といった意見が聞かれました。
 

第2位:大泉洋

2位には、日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBS系)に出演している大泉洋さんが入りました。

演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、バラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)の出演をきっかけに、その人気が全国区となった大泉さん。

『ラストマンー全盲の捜査官ー』で主演を務める福山雅治さんとは、2010年放送のNHK大河ドラマ『龍馬伝』以来、13年ぶりの共演となり、プライベートでも親交の深い2人の息の合った演技にも注目が集まっています。劇中で大泉さんは、福山さん演じる全盲のFBI捜査官・皆実広見のバディとなる警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗を演じています。

回答者からは、「大泉さんの明るいキャラクターが好きだから」(新潟県・20代女性)、「バラエティのイメージと違い、芝居も上手で面白い方です」(広島県・40代女性)のほか、「北海道民はみんな大泉洋が好きです!」(北海道・40代女性)といった熱い声も聞かれました。
 

第1位:木村拓哉

1位に輝いたのは、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)で主演を務める木村拓哉さんでした。

国民的アイドル「SMAP」のメンバーとして活躍していた頃から、数々のドラマに出演し、いまなお語り継がれる名作を数多く残してきた木村さん。本作は2020、21年にスペシャルドラマとして放送された『教場』シリーズの新作となります。

舞台は、主人公の風間公親が警察学校の教官として赴任する以前の“刑事指導官”として当たっていた時代。劇中で木村さんは、殺人事件の捜査を通して、赤楚衛二さんや新垣結衣さんらが演じる新人刑事を厳しくも、時に的確なヒントを投げかけながら、成長させていく役柄を演じています。

回答者からは、「いつまでも色あせない俳優であると思うから」(大阪府・20代男性)、「今まで全てのドラマや映画を見てきてファンだから」(兵庫県・30代女性)、「やはり木村拓哉は経験があるのですごい」(神奈川県・50代男性)といった声が聞かれました。


※回答者のコメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
2023年春ドラマで「ハマり役だと思う」男性俳優ランキング! 2位「山田涼介」、1位は超ベテラン俳優!?
春ドラマで「新たな一面が見られた男性俳優」ランキング! 3位「高橋海人」、2位「高杉真宙」、1位は?
春ドラマに出演中の「演技がうまいと思う男性俳優」ランキング! 「田中圭」や「神木隆之介」を抑えて1位に輝いたのは?
春ドラマに出演中の「好きなジャニーズ」ランキング! 3位は「風間俊介」、2位は「山田涼介」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」