2023年春ドラマで「ハマり役だと思う」男性俳優ランキング! 2位「山田涼介」、1位は超ベテラン俳優!?

All About編集部は2023年4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が「2023年春ドラマでハマり役だと思う」と答えた男性俳優は? ​(サムネイル画像出典:『王様に捧ぐ薬指』公式Instagramより)

春ドラマも中盤に差し掛かり、毎週欠かさず観るお気に入りのドラマが見つかった人もいるのではないでしょうか?

作品の役柄によって、さまざまな顔を見せてくれる俳優陣がそろいますが、今回は「今作がハマり役だと思う男性俳優」のランキングを紹介します(All About編集部が2023年4月20日~28日の期間、全国355人を対象に実施したアンケート調査を基に集計)。
 


>10位までのランキング結果を見る

 

第3位:高杉真宙

3位には、水曜夜10時から放送のドラマ『わたしのお嫁くん』(フジテレビ系)に出演している高杉真宙さんがランクイン。

同作は、柴なつみさんによる同名漫画の実写版。完璧な仕事ぶりで同僚たちから憧れのまなざしを注がれながらも、私生活では“ズボラ女子”という一面を持つ主人公・速見穂香を波瑠さんが演じ、高杉さんは速見に恋心を抱く後輩であり、“家事力最強男子”の山本知博を演じています。

あることをきっかけに、“お嫁”として速見と同棲することになった山本の心の機微を高杉さんがうまく表現しています。社会的役割にとらわれない世界を描いた“社会派ラブコメディ”が、今後どのように展開していくのか注目です。

回答理由では、「漫画も読んでるんですが、山本君役がピッタリです。漫画のドラマ化はなかなかイメージに合った人にならないのですが今回はピッタリでした」(熊本県・40代女性)、「可愛い感じの男性感がもの凄く出ていて、高杉さんの持っている本来の可愛さ・優しさとマッチしてとてもハマり役だと思うからです」(神奈川県・40代女性)などの意見が聞かれました。
 

第2位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)

2位には、火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)に出演している山田涼介さんが入りました。

わたなべ志穂さんの同名人気漫画が原作となるこのドラマは、互いの利益のために恋愛感情なしで交際0日婚を果たした夫婦による超打算的シンデレラストーリー。

橋本環奈さんが家族を守るために結婚を選んだ美しすぎる“ド貧乏シンデレラ”を、山田さんが業績不振の結婚式場を立て直すために好きでもない女性との結婚を選んだ御曹司を演じています。作品の中で、山田さんは超ドSなツンデレキャラを好演。今後の胸キュンシーンにも注目が集まっています。

回答理由では、「王子様キャラの彼がSっ気がある役はイメージ通りだったから」(東京都・30代女性)、「ドラマを拝見し山田君以上のはまり役はいないと思った」(埼玉県・30代男性)、「美形すぎて画面上の登場人物が合っていて良いです」(滋賀県・40代女性)といった声が聞かれました。
 

第1位:木村拓哉

1位に輝いたのは、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)で主演を務める木村拓哉さんでした。

本作は、2020、21年にスペシャルドラマとして放送された『教場』シリーズの新作。木村さん演じる主人公の風間公親が警察学校の教官として赴任する以前の“刑事指導官”として当たっていた時代を描いています。

木村さんは、殺人事件の捜査を通して、新垣結衣さんや北村匠海さんらが演じる新人刑事を厳しくも、時に的確なヒントを投げかけながら、成長させていく役柄を演じています。

回答者からは、「鋭い目つきや過去を背負った厳しい感じが、歳を重ねた木村拓哉にぴったりはまっているからです」(山梨県・50代女性)、「厳しいけど愛のある上司や教官が似合うから」(新潟県・20代女性)、「あの緊張感を出せるなんてスゴイ」(東京都・40代)といった声が聞かれました。


※回答者のコメントは原文ママです


>10位までのランキング結果を見る


【関連記事】
春ドラマに出演中の「好きな男性俳優」ランキング! 3位は「赤楚衛二」、2位は「大泉洋」、1位は?
春ドラマに出演中の「演技がうまいと思う男性俳優」ランキング! 「田中圭」や「神木隆之介」を抑えて1位に輝いたのは?
春ドラマで「新たな一面が見られた男性俳優」ランキング! 3位「高橋海人」、2位「高杉真宙」、1位は?
春ドラマに出演中の「好きなジャニーズ」ランキング! 3位は「風間俊介」、2位は「山田涼介」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応