「ただの天使か」玉城ティナ、胸元チラ見えのキャミソール姿でディズニー満喫! 「かわいい結婚してくれ」

モデルで俳優の玉城ティナさんが、6月10日に自身のInstagramを更新。夏らしい肌を見せたコーディネートでディズニーランドを満喫する様子を公開しました。(サムネイル画像出典:玉城ティナさん公式Instagramより)

モデルで俳優の玉城ティナさんが、6月10日に自身のInstagramを更新。肌を見せたコーディネートでディズニーランドを満喫する様子を公開しました。

【実際の投稿:玉城ティナ、肌見せコーデでディズニーランドを満喫】
 

「こんな可愛い子、ディズニーで見たことないよ」

玉城さんは、「ななねんぶりくらい」とつづり、8枚の写真を投稿しました。公開されたのは、夏らしいキャミソール姿でディズニーランドを満喫する玉城さんの姿。谷間がチラリと見えており、とても色っぽいです。

コメントでは、「こんな可愛い子、ディズニーで見たことないよ」「いやーかわいいー目の保養すぎる」「ただの天使か」「ディズニープリンセス」「むっちゃかわいい結婚してくれ」「お人形さんみたい」など、かわいらしい姿に絶賛の声が相次いでいます。
 

2013年に芸能界デビュー。現在は俳優としても活躍

玉城さんは「ミスiD 2013」で初代グランプリに選ばれたことをきっかけに芸能界入り。同年には14歳で女性ファッション誌『ViVi』(講談社)の専属モデルに抜てきされました。現在は俳優としても活躍しており、映画『Diner ダイナー』や『惡の華』、『ホリック xxxHOLiC』などに出演しました。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在