「撮った覚えのない写真が…」西内まりや、“不意打ち”ショットに絶賛の声! 「不意打ちでも可愛い」

モデルで俳優の西内まりやさんは6月7日、自身のInstagramを更新。誤操作で撮られたショットを公開しました。(サムネイル画像出典:西内まりやさん公式Instagramより)

モデルで俳優の西内まりやさんは6月7日、自身のInstagramを更新。誤操作で撮られたショットを公開しました。


【写真:西内まりや、美しすぎる不意打ちショット】
 

「どこから撮っても不意打ちでも可愛いとか何事?!」

西内さんは「カメラロールに撮った覚えのない写真が…」とつづり、1枚の写真を投稿。スマートフォンの誤操作なのか、下の角度から撮られたショットを披露しました。風になびいた髪で顔の下半分ははっきり写っていませんが、カメラの顔認証機能もしっかりと機能しているのが分かります。不意打ちのショットとは思えないほど美しい顔立ちが際立って見えます。

ファンからは「美し過ぎる」「どこから撮っても不意打ちでも可愛いとか何事?!」「移動中に偶然カメラ起動して、シャッターまで押しちゃった感じかなぁ? でも、綺麗に撮れてるね」「それで美しいのは素晴らしすぎます」「鼻の穴もキレイ」など、称賛の声が多く寄せられました。
 

魅力的な写真を多数公開

西内さんは2007年7月からファッション雑誌 『ニコラ』(新潮社)の専属モデルとしてモデル活動を開始。現在も、自身のInstagramでは大人の色気があふれるショットを多数公開しています。気になった人はぜひチェックしてみてください。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在