2000年以降の朝ドラで「演技がうまい」と思うヒロイン俳優ランキング! 深津絵里を抑えた1位は?

通称「朝ドラ」で親しまれているNHKの『連続テレビ小説』。今までに数々のヒロインや名作を生み出しています。今回は、全国の「朝ドラ」視聴者382人に聞いた、2000年以降の朝ドラで「演技がうまい」と思うヒロイン俳優ランキングを発表します! ※サムネイル画像出典:NHK公式サイト (c)2022 NHK

『カムカムエヴリバディ』 (画像出典:NHK公式サイト
(c)2022 NHK

All About編集部では、「2000年以降の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)」についてのアンケート調査を実施。同調査は、全国の10〜60代の男女382人を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:5月12〜26日)。今回はその中から、2000年以降の朝ドラで「演技がうまい」と思うヒロイン俳優ランキングを発表します!

>26位までのランキング結果を見る
 

第2位:深津絵里『カムカムエヴリバディ』    

2021年11月から放送された『カムカムエヴリバディ』では、朝ドラ史上初の3人のヒロインが登場しました。昭和、平成、令和の時代を生きる3世代の女性たちを描く物語の中で、深津絵里さんは2人目のヒロイン・るい役を演じました。

回答者からは、「10代後半から50歳くらいの役を演じきった。こんなに年齢幅が広い役を演じきれる女優さんはなかなか居ない。素晴らしい(40歳女性)」「10代~母親~老齢まで違和感なく演じた。どの年代でも不自然さを全く感じなかった(46歳女性)」など、当時40代後半だった深津さんが10代の役を違和感なく演じたことに驚きの声が多数寄せられました。

また、「ヒロインが3人体制のドラマだったが彼女の登場以降、ドラマに深みが出た(46歳男性)」「幼少期にあったことを隠して生活をし奮闘している姿や、最終話での母親と再会するシーンは実の母親じゃないかと思うくらい演技が上手く感動した(24歳女性)」など、深津さんの登場からドラマに深みが出て、物語に引き込まれたとの声もありました。
 

第1位:安藤サクラ『まんぷく』

第1位は、2018年10月から放送された『まんぷく』でヒロインを演じた安藤サクラさん。同作品は、戦前から高度経済成長期にかけての大阪を舞台に、世界で初めてインスタントラーメンを開発した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんとその妻の絆を描いた物語です。

回答者からは、「本当にその人がいたぐらい自然に演技しているから(32歳女性)」「見始めているうちに完全に俳優ではなく“ふくちゃん”としてドラマを追っていたので演技と感じさせない力を見せつけられました(46歳女性)」など、安藤さんの自然な演技でよりリアリティが増したとの声もありました。

ほかにも、「独特な雰囲気を醸し出しながらも自然な演技をするところが凄いと思います(60歳男性)」「女性に好かれそうな嫌味がなく明るいのに、色気や上品さがあってあの雰囲気を出せる人は少ないと思います。演技が自然でこちらが感情移入してしまいます(38歳女性)」など、安藤さんにしか出せない独特な雰囲気に魅了されたとの声も寄せられました。


>次のページ:26位までのランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
3位は有村架純! 2000年以降の朝ドラで「かわいいと思うヒロイン俳優」ランキング、同率1位の2人は?
2位は永野芽郁! 2000年以降の「朝ドラヒロイン」を演じた好きな俳優ランキング、気になる1位は?
「2000年以降の朝ドラ」人気ランキング! 2位『ゲゲゲの女房』を抑え、1位に輝いたのは?
NHK「朝ドラ」でヒロインを演じてほしい俳優ランキング! 「芦田愛菜」を含む同率1位の3人は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは