「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2022-23出場選手の珍しい名字」ランキング! 2位は「松脇」、1位は?

先日、琉球ゴールデンキングスが優勝を果たしてシーズンを終えたBリーグ。今回は「名字由来net」のデータを基に、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2022-23」に出場したチームの中から「珍しい名字」の選手を紹介します。(サムネイル画像出典:松脇圭志さんの公式Instagramより)

松脇圭志さん ※画像出典:松脇圭志さんの公式Instagramより(@ma_tsu144

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の公開や、2023年8月に開催を控えたFIBAバスケットボール・ワールドカップなどで高まるバスケ熱。日本のプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」は先日、琉球ゴールデンキングスが優勝を果たしてシーズンを終えたばかりです。

そこで、今回は2022-23のB.LEAGUE CHAMPIONSHIP(Bリーグチャンピオンシップ)に出場したチームの中から「珍しい名字」を持つ選手にスポットライトを当てて、Webサイト「名字由来net」が算出したデータを基にランキングを紹介します。


>30位までのランキング結果を見る

 

第2位:松脇(まつわき)

2位にランクインしたのは、琉球ゴールデンキングス所属・松脇圭志(まつわき よしゆき)選手の名字である「松脇」でした。この名字を持つ人は全国で約540人、順位としては1万1933位の珍しさとなっています。

松脇選手は富山グラウジーズ、三遠ネオフェニックスを経て、2022年に琉球ゴールデンキングスに入団。シューティングガードとして、正確無比なスリーポイントシュートと力強いディフェンスを強みとしています。

NBAのロサンゼルス・レイカーズに所属している八村塁選手と同学年で、学生時代の対戦経験から「八村塁に勝った男」という異名も持っているとか。
 

第1位:小酒部(おさかべ)

1位は、アルバルク東京所属・小酒部泰暉(おさかべ たいき)選手の名字である「小酒部」となりました。この名字を持つ人は全国で約330人、順位としては1万5952位の珍しさとなっています。

神奈川大学在学中に特別指定選手としてアルバルク東京に在籍し、2021年から正式加入した小酒部選手。

昨シーズンは、けがで欠場を余儀なくされた時期もありましたが、日本人選手の中で最長の平均出場時間を記録。けがからの復帰後は再び以前のようなパフォーマンスを見せ、チームの主力選手として活躍しました。


>30位までのランキング結果を見る

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望