「Jリーグ歴代ベストイレブンの珍しい名字」ランキング! 3位「車屋」、2位「名良橋」、1位は……?

全国に12万種以上存在するという名字。今回は、Jリーグベストイレブンに選ばれた功績を持つ歴代選手の中から、Webサイト「名字由来net」が算出したデータを基に、珍しい名字をランキング形式で紹介します。(サムネイル画像出典:川崎フロンターレ公式サイトより)

3位は川崎フロンターレの車屋紳太郎選手(※画像出典:川崎フロンターレ公式サイト

全国に12万種以上存在するという名字。今回は、Jリーグの各シーズンごとに最も優れた11人の選手に授与される賞「Jリーグベストイレブン」に選ばれた功績を持つ歴代選手の中から、珍しい名字をランキング形式で紹介します(本記事は、「名字由来net」が算出したデータを基にしています)。


>30位までのランキング結果を見る
 

第2位:名良橋(ならはし)

2位にランクインしたのは、2001年に受賞した名良橋晃さん(当時鹿島アントラーズDF)の名字である「名良橋」でした。この名字を持つ人は全国で約40人、順位としては5万1076位の珍しさとなっています。

名良橋さんは千葉英和高等学校を卒業後、1990年に現在の湘南ベルマーレに加入。1994年に日本代表デビューを果たすも、その後は代表から遠ざかり、代表復帰を目指して1997年に鹿島アントラーズに移籍します。

フランスW杯では、日本代表の右ウイングバックとして全3試合に出場しました。キャリアの終盤は古巣のベルマーレに戻り、2008年に現役を引退。現在はサッカー解説者として活躍しています。
 

第1位:曽ヶ端(そがはた)

1位は、2002年に受賞した曽ヶ端準さん(当時鹿島アントラーズGK)の名字である「曽ヶ端」でした。この名字を持つ人は全国で約30人、順位としては5万5693位の珍しさとなっています。

曽ヶ端さんは、1998年にアカデミーからトップチームに昇格する形で鹿島アントラーズに入団。2016年には19シーズンというクラブ史上最長在籍を記録し、2017年4月にはJ1通算500試合出場を達成するなど、鹿島のGKとして長年活躍。

また、FIFAクラブワールドカップ2016では守護神として決勝進出に貢献するなど、世界にも通用する強さを見せました。そんな曽ヶ端さんは2020年に現役を引退しています。


>30位までのランキング結果を見る

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても