「Jリーグ歴代ベストイレブンの珍しい名字」ランキング! 3位「車屋」、2位「名良橋」、1位は……?

全国に12万種以上存在するという名字。今回は、Jリーグベストイレブンに選ばれた功績を持つ歴代選手の中から、Webサイト「名字由来net」が算出したデータを基に、珍しい名字をランキング形式で紹介します。(サムネイル画像出典:川崎フロンターレ公式サイトより)

3位は川崎フロンターレの車屋紳太郎選手(※画像出典:川崎フロンターレ公式サイト

全国に12万種以上存在するという名字。今回は、Jリーグの各シーズンごとに最も優れた11人の選手に授与される賞「Jリーグベストイレブン」に選ばれた功績を持つ歴代選手の中から、珍しい名字をランキング形式で紹介します(本記事は、「名字由来net」が算出したデータを基にしています)。


>30位までのランキング結果を見る
 

第2位:名良橋(ならはし)

2位にランクインしたのは、2001年に受賞した名良橋晃さん(当時鹿島アントラーズDF)の名字である「名良橋」でした。この名字を持つ人は全国で約40人、順位としては5万1076位の珍しさとなっています。

名良橋さんは千葉英和高等学校を卒業後、1990年に現在の湘南ベルマーレに加入。1994年に日本代表デビューを果たすも、その後は代表から遠ざかり、代表復帰を目指して1997年に鹿島アントラーズに移籍します。

フランスW杯では、日本代表の右ウイングバックとして全3試合に出場しました。キャリアの終盤は古巣のベルマーレに戻り、2008年に現役を引退。現在はサッカー解説者として活躍しています。
 

第1位:曽ヶ端(そがはた)

1位は、2002年に受賞した曽ヶ端準さん(当時鹿島アントラーズGK)の名字である「曽ヶ端」でした。この名字を持つ人は全国で約30人、順位としては5万5693位の珍しさとなっています。

曽ヶ端さんは、1998年にアカデミーからトップチームに昇格する形で鹿島アントラーズに入団。2016年には19シーズンというクラブ史上最長在籍を記録し、2017年4月にはJ1通算500試合出場を達成するなど、鹿島のGKとして長年活躍。

また、FIFAクラブワールドカップ2016では守護神として決勝進出に貢献するなど、世界にも通用する強さを見せました。そんな曽ヶ端さんは2020年に現役を引退しています。


>30位までのランキング結果を見る

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴