「2023年Jリーガーの珍しい名字」ランキング! 2位は「升掛」、1位は全国でたった10人ほどの……?

30周年を迎え、さらに盛り上がりを見せるJリーグ。今回は「名字由来net」が算出したデータを基に、「2023年Jリーガーの珍しい名字」ランキングを紹介します。柏升掛選手を抜いて1位になったのは?(サムネイル画像出典:柏レイソル公式サイトより)

升掛友護選手(※画像出典:柏レイソル公式サイトより)

2023年で30周年を迎えたJリーグ。メモリアルイヤーを祝おうと、チームの垣根を越えてさまざまなイベントや記念グッズなどが登場しています。

さらなる盛り上がりを見せるJリーグの中でも、今回は「珍しい名字」を持つ選手にスポットライトを当てて、Webサイト「名字由来net」が算出したデータを基にランキングを紹介します。


>30位までのランキング結果を見る

 

第2位:升掛(ますかけ)

2位にランクインしたのは、柏レイソル所属・升掛友護(ますかけ ゆうご)選手の名字である「升掛」でした。この名字を持つ人は全国で約20人、順位としては7万125位の珍しさとなっています。

ユースから柏レイソルトップチームへ昇格という形で、2022年に入団した升掛選手。同年にはU-19日本代表にも選出され、今後の活躍が期待されています。

そんな升掛選手は、「名字由来net」が2022年に発表した同ランキングでは1位にランクインしていましたが、2023年は順位を1つ落として2位という結果に。
 

第1位:名願(みょうがん)

1位は、川崎フロンターレ所属・名願斗哉(みょうがん とうや)選手の名字である「名願」となりました。この名字を持つ人は全国で約10人、順位としては8万6928位の珍しさとなっています。

今季から川崎フロンターレに新加入した名願選手は、2023年3月まで大阪のサッカー強豪校として知られる履正社高校の学生でした。

高校3年時の高校サッカー選手権にはエースとして出場し、優勝候補として注目を集めながらも、惜しくも3回戦で敗退を喫する結果に。しかし、名願選手は大会優秀選手に選ばれ、今後の活躍が有望視されています。


>30位までのランキング結果を見る


 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望