「ONO GRILL TOKYO」が神保町にオープン! 本場ハワイさながらのローカルグルメの味は?【試食レビュー】

東京・神保町に「ONO GRILL TOKYO」がオープン! ハワイのロコフードが楽しめるグリル料理のお店で、「ハワイアン・オックステールスープ」をはじめ、ハワイアンチャーシューやガーリックシュリンプなど、現地さながらの味を堪能できます。

5月29日、神保町に「ONO GRILL TOKYO」がオープン! 本格的なハワイのロコフードが楽しめるグリル料理のお店で、看板料理の「ハワイアン・オックステールスープ」をはじめ、ハワイアンチャーシューやガーリックシュリンプなど、現地さながらの味を堪能できます。試食会に参加してきましたので、詳しく紹介します!
 

開放的な空間で楽しむ、ハワイの「ONO=おいしい」料理

神保町駅直結の「東京パークタワー」1階にあり。店内に入らず購入&受け取りができるテイクアウト専用窓口もあります

 「ONO GRILL TOKYO(オノグリルトウキョウ)」は、ハワイのローカルグルメを提供するグルメ料理のお店。さまざまな人種や民族が共生するハワイでは、現地の素材と各国の料理が融合した独自の食文化が形成されており、和やアジアをどことなく感じさせる味わいが魅力です。
 
店名に冠した「ONO」は、ハワイ語で「おいしい」の意味

運営企業の東京フードワークスは、レストラン事業として都内に「人形町田酔」「やきとりお㐂樂(おきらく)」など計12ブランドを展開。「ONO GRILL TOKYO」では「ハワイアン・オックステールスープ」を看板メニューに、「ハワイアン・ポークチョップ」や「ハワイアン叉焼(チャーシュー)フライドライス」など、肩肘張らずに楽しめるハワイアンロコフードを用意しています。
 
木や自然素材をふんだんに利用した温かみのある店内

40席ある店内はハワイを感じさせるアートや小物も飾られており、開放的な雰囲気。壁掛けテレビからはハワイの海や山々などの映像が流れていて、旅行気分を高めてくれます。
 

 

ハワイのリアルなローカルグルメを提供

試食会では計3品が登場しました。まずはハワイロコフードの定番6品を盛り合わせた「Ono Pupu Plate」(2640円)。 オープン記念として期間限定で1カ月程度提供されるメニューで、内容は日によって変わるそう。
上から時計回りに、「ポキ」「マカロニサラダ」「広東式密汁叉焼」「ガーリックシュリンプ」「モチコチキン」「ガーリック枝豆」」

「密汁叉焼」は焼き上げたあと水あめなどにくぐらせて仕上げる甘めのチャーシューのことで、現地では専門店も見かけるほどなのだとか。同店でもハワイで主流の広東スタイルにならって調理。豚肩ロース肉をジューシーに仕上げており、パクチーとの相性もぴったりです。
 
ハワイのプレートランチに必ず付いてくるという「マカロニサラダ」もあり。こちらではハワイで人気のレシピを忠実に再現しており、現地から材料も取り寄せて調理しているそう。また、PUPU(おつまみ)の定番「ガーリック枝豆」や、ハレイワの名物でもある「ガーリックシュリンプ」など、さまざまな料理がちょっとずつ楽しめるのがいいですね。


>次のページ:看板料理「ハワイアン・オックステールスープ」はどんな味?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」