実は「熊本県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「倉科カナ」、1位は?

All About編集部が実施したアンケート調査の結果から、「実は熊本県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキングを発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。(サムネイル画像出典:倉科カナさんの公式Instagramより)

倉科カナさん※画像出典:倉科カナさんの公式Instagramより(@kanakurashina_official)
倉科カナさん。右は妹の橘のぞみさん※画像出典:倉科カナさんの公式Instagramより(@kanakurashina_official

九州の中央部に位置する熊本県。俳優やお笑いタレントなど多くの芸能人が誕生していますが、中には熊本県出身であることをあまり知られていない人もいるようです。
 

All About編集部では全国10~60代の472人を対象に「長崎県/熊本県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施(調査期間:5月11~25日)。本記事では、その結果から「実は熊本県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキングを発表します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:倉科カナ

2位にランクインしたのは、俳優の倉科カナさん。1987年12月23日生まれ、熊本市出身です。
 

倉科さんは2006年に「ミスマガジン」のグランプリに輝き脚光を浴びると、グラビアやバラエティ番組などで活躍。2007年には『GROW 愚郎』で映画デビューを果たします。
 

2009年にはNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインを演じ、俳優としてブレーク。その後もドラマ『Mother』(日本テレビ系)、『名前をなくした女神』(フジテレビ系)、映画『3月のライオン』シリーズなど数々の話題作に出演しています。
 

2022年9月には、熊本県で開催された「1CHANCE FESTIVAL 2022」に足を運んだ様子を自身のInstagramで公開。同郷出身のアーティスト・WANIMAのパフォーマンスを家族と一緒に楽しんだようです。
 

回答者からは「都会っぽいイメージがあるので、意外でした(50代女性/新潟県)」「方言などを話されているイメージがなかったので(30代女性/兵庫県)」「おしゃれで洗練された清楚な女性芸能人であるからどうしても東京出身のイメージが強かったが、熊本出身と聞いて驚くとともに親近感が湧いた(40代男性/奈良県)」などの声が寄せられました。
 

1位:レイザーラモンRG

1位に選ばれたのは、お笑いコンビ・レイザーラモンのRGさん。1974年6月8日生まれ、上益城郡甲佐町出身です。
 

RGさんは立命館大学在学中の1997年、学生プロレスの興行で知り合った相方・HGさんと共にレイザーラモンを結成。同年、若手の登竜門とされる今宮戎神社(大阪府大阪市)の「こどもえびす マンザイ新人コンクール」に出場し、見事大賞に輝きます。
 

その後は会社勤め、吉本新喜劇での活動を経て東京に進出。HGさんのブレークに伴い、サングラスにレザーのホットパンツ姿という特徴的なコスチュームでネタを披露し、人気を博します。
 

近年では素顔を明かして漫才やネタを披露することもある2人。また、RGさん個人では「あるあるネタ」やものまねでも人気を集めています。
 

回答者からは「吉本の芸人さんで京都の大学の出身であることから、京都の人と思っていたから(50代男性/三重県)」「芸人さんなので大阪の人っぽい(30代男性/三重県)」「私も熊本出身ですが、知りませんでした(30代女性/熊本県)」などの声が寄せられました。
 

小学4年生の夏までを熊本で過ごしたというRGさん。2016年に熊本地震が発生した際には募金活動を行うなど、故郷の復興を支援する姿が報じられました。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

【おすすめ記事】
「熊本県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「上田晋也(くりぃむしちゅー)」、1位は?
倉科カナ、「天才ネイリスト」弟のネイル&妹とのツーショットに「倉科家、微笑ましいです!!」の声
倉科カナ、美人マネージャーと顔出しツーショット披露! 「あら、美女が2人も」「やることかわいいなw」
実は「長崎県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「川口春奈」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応