地元愛を感じる「長崎県出身」の芸能人ランキング! 2位「さだまさし」、1位は?

All About編集部が実施したアンケート調査の結果から、「地元愛を感じる長崎県出身の芸能人」ランキングを発表! 回答者から寄せられたコメントと併せて紹介します。(サムネイル画像出典:さだまさしさん公式Instagramより)

さだまさしさん※画像出典:さだまさしさんの公式Instagramより(@sada_masashi)
さだまさしさん※画像出典:さだまさしさんの公式Instagramより(@sada_masashi

豊かな自然や歴史的建造物を有する長崎県。同県出身の芸能人の中には、著名となってからも故郷に特別な思いを寄せる人がいます。
 

All About編集部は5月11~25日、全国10~60代の472人を対象に「長崎県/熊本県出身の芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。その結果から、本記事では「地元愛を感じる長崎県出身の芸能人」ランキングを発表します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

2位:さだまさし

2位にランクインしたのは、シンガーソングライターのさだまさしさん。
 

長崎市出身のさださんは、1973年にフォークデュオ「グレープ」としてデビュー。1976年以降はソロで活動し、『関白宣言』『北の国から』など多くの楽曲を世に送り出してきました。
 

また、小説家として『精霊流し』『風に立つライオン』(共に幻冬舎)など多くの作品を執筆しているほか、俳優としてNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』、ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)などの作品にも出演。音楽活動と並行して多彩な活動を展開しています。
 

長崎新聞での小説『ちゃんぽん食べたかっ!』の連載や「ナガサキピースミュージアム」設立の発起人を務めるなど、活動の随所に地元愛が感じられるさださん。2022年には長崎県・五島市が舞台のひとつとなったNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で語りを担当しました。
 

回答者からは「さだまさしさんは、コンサートの始まりで、長崎シティセレナーデを歌うことが多く、地元愛を感じます(50代女性/静岡県)」「地元でのコンサートなど、地域や地元を愛し愛される人だと思います(40代女性/東京都)」「ラジオやテレビ番組などでも長崎の話をするので愛を感じます(40代男性/東京都)」などの声が上がりました。
 

1位:福山雅治

1位に選ばれたのは、シンガーソングライターで俳優の福山雅治さんでした。
 

長崎市出身の福山さんは、1990年にシングル『追憶の雨の中』でデビュー。『HELLO』『桜坂』など数々のヒット曲を持ち、国内外で絶大な人気を博しています。
 

俳優としても高い人気を集めており、ドラマ『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、映画『そして父になる』などの話題作に出演。2023年4月からはドラマ『ラストマン―全盲の捜査官―』(TBS系)に主人公・皆実広見役で出演しています。
 

『道標』『クスノキ』など、長崎にちなんだ楽曲も制作している福山さん。長崎県の魅力を発信するプロジェクト「長崎の変」でクリエイティブプロデューサーを務めるなど、地域貢献活動も積極的に行っています。
 

回答者からは「長崎の話をよく出していますし、長崎に帰ってのライブも行っています。長崎が好きなんだなというところがにじみ出ています(40代女性/大阪府)」「度々故郷に帰られて、魅力ある土地であることをPRしているように感じています(30代女性/千葉県)」「稲佐山で大きなコンサートを開いていらっしゃるイメージが強く、地元への愛が大きいのだろうと感じていたからです(40代女性/東京都)」などの声が上がりました。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

【おすすめ記事】
「長崎県出身」の好きな芸能人ランキング! 2位「福山雅治」、1位は?
実は「長崎県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「川口春奈」、1位は?
熊本県出身の好きな芸能人ランキング! 2位「上田晋也(くりぃむしちゅー)」、1位は?
実は熊本県出身と聞いて驚いた芸能人ランキング! 2位「倉科カナ」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは