韓国人女性が潜入! BTSファン必見の『IN THE SOOP BTS ver.』ロケ地バスツアーに行ってみた【体験リポ】

デビュー10周年を迎え、改めて注目を集めるBTS。そんな、BTSをはじめとする韓国のアイドルたちの素の姿が見られると話題の番組『IN THE SOOP』。『IN THE SOOP BTS ver.』でBTSメンバーが実際に滞在した豪邸を、BTSファンの韓国人女性が訪問してきた様子を紹介します。

『IN THE SOOP BTS ver. シーズン2』のBTS
画像出典:プレスリリース
(c)2021 BIGHIT MUSIC / HYBE All Rights Reserved.

『IN THE SOOP』とは、BTSをはじめとする韓国アイドルや俳優たちの“素の姿”に密着した韓国の番組。2023年6月13日にBTSがデビュー10周年を迎えたこのタイミングで、改めて注目が集まっています。

改めて、この番組の魅力とはどんな部分なのでしょうか。さらに、『IN THE SOOP BTS ver.』のロケ地訪問ツアーに参加した韓国人女性のミンさんに、ツアーの様子や魅力を取材しました。
 

そもそも『IN THE SOOP』ってどんな番組?

 
『IN THE SOOP』とは、アイドルや俳優などのトップスターが華々しい舞台を離れ、自然を満喫したり、娯楽に没頭したりする姿を映し出す、韓国のトラベルリアリティーショーのこと。

2020~2021年にかけて「日常と休息、その間」というコンセプトで制作された『IN THE SOOP BTS ver.』は、コロナ禍でさまざまな対面活動がなくなったさなかに企画された、BTS独自のプログラム。企画の一環とはいえ、それまで休むことなく走り続けてきたBTSのメンバーたちが自然に囲まれて休息を取る姿を見ることは、ファンにとっても“癒し”そのものでした。

『IN THE SOOP BTS ver.』シーズン1・2は、「TBSチャンネル1」(CS有料放送)などで定期的に放送されています(執筆時点の情報)。
 


過去には、BTSに限らず、SEVENTEENなどのアーティストや人気俳優のバージョンも制作されています。

新作『IN THE SOOP フレンドケーション』は、BTSのV、歌手のPeakboy、俳優のパク・ソジュン、パク・ヒョンシク、チェ・ウシクの通称“ウガウガファミリー”こと仲良し5人組が、旅行に行く様子を映した番組。現在、ディズニープラスで独占配信されています。
 

番組で見られる「韓国ならではの文化」って?

『IN THE SOOP BTS ver.』シリーズでは、メンバーたちがインスタントラーメンを食べたり、足球やバスケットボールを楽しんだり、寝ないで朝までインターネットゲームをしたり……視聴者と変わらないありのままの日常を楽しむ姿が映し出され、BTSファンならずとも、都会での日常生活に疲れた多くの人々から共感を得ました。

韓国人女性のミンさんの元には『IN THE SOOP BTS ver.』を見た日本人たちから「韓国文化と日本文化の違いに驚いた」という声も寄せられたそう。

「番組内では、アイスクリームをなめていたメンバーが『これおいしいよ』とほかのメンバーに食べさせるなど、とにかく“食べ物をシェアする姿”をよく目にします。日本人の友達からは『仲が良い間柄とはいえ、ここまで食べ物をシェアして食べるの?』といった驚きの声を何度か聞きました」(ミンさん)

また、BTSメンバーの間でグループ最年長のJINは「ヒョン(兄さん)」と呼ばれることも。これも、韓国特有の文化なのだそうです。

「韓国では、知り合った相手にまず“年齢”を聞くことが多いです。親しい知り合いが年上なら『兄ちゃん』『姉ちゃん』と呼ぶのが当たり前。友達というより“義理きょうだい”といった感覚です。これは、日本に来てからはあまり見かけない光景ですね」(ミンさん)
 

>次のページ:BTSの豪邸が見られる『IN THE SOOP BTS ver.』のツアーとは?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応