2020年代の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『浦安鉄筋家族』を抑えた1位は?

2020年代の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 2020年代に放送された「ドラマ24」枠で面白かった作品を全国の340人に聞きました。“ハチャメチャ感がさすが”との声もあった、『浦安鉄筋家族』を抑えた1位の作品とは? ※画像出典:テレビ東京公式サイト/(c) 『浦安鉄筋家族』製作委員会

『浦安鉄筋家族』
画像出典:テレビ東京公式サイト
(c) 『浦安鉄筋家族』製作委員会

All About編集部は、全国の20〜70代の男女340人を対象に「テレビ東京系の深夜ドラマ」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:4月3日〜5月22日)。今回は、テレビ東京系列で毎週金曜日の24時12分〜24時52分に放送される「ドラマ24」において、2020年代に放送されたドラマの中で面白かった作品ランキングを発表します。

>9位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:『浦安鉄筋家族』(2020年)

第2位は、2020年に放送された『浦安鉄筋家族』でした。浜岡賢次さんによる漫画が原作で、千葉県・浦安を舞台に描かれる、パワフルでハチャメチャな大沢木家のギャグコメディドラマです。一家の大黒柱・大沢木大鉄を佐藤二朗さんが演じました。

回答者からは、「浦安鉄筋家族は、まさかドラマになると思ってなかった作品で…それを実写化したらあんなにも面白くなるものかと感動しました。佐藤二朗さんが最高に面白かった(45歳男性)」「世界観、ハチャメチャ感がさすが。主演が佐藤二郎っていう感じで面白かったです(25歳女性)」「原作漫画の破天荒な表現をよくドラマで表現したと関心と共に原作と変わらない面白さがあった(44歳男性)」など、実写化不可能と思われていたハチャメチャ感を見事に映像化していた、という声が多数寄せられました。
 

第1位:『孤独のグルメ』シリーズ(2022年ほか)

※全10シリーズ/Season1~4は他枠で放送

第1位は、『孤独のグルメ』シリーズ。松重豊さん演じる主人公・井之頭五郎が全国に実在する飲食店に立ち寄り、思いのままに食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマです。大みそかスペシャルなどの特別ドラマも制作され、2022年に放送されたSeason10で放送開始10周年を迎えました。

「一人で飲食店に行くと、どうしても孤独のグルメを思い出してしまう、それくらい印象に残るドラマ(32歳女性)」「放送枠が変わってもブレることなく、ひたすら美味しいものを求め続けるシンプルなドラマであるところが良い(22歳女性)」「どの街のどの店で井之頭五郎が何を食べるのか、というのが疲れた心に沁みることが多く、眺めているだけで心地良いです(36歳女性)」など、疲れもピークの深夜帯に、五郎の至福の時間を見ていると癒されるとの声も多数寄せられました。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
2010年代前半の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『マジすか学園』シリーズを抑えた1位は?
2010年代後半の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『孤独のグルメ』シリーズに次ぐ2位は?
テレビ東京系の深夜枠「ドラマ24」で歴代最も好きな作品ランキング! 2位『きのう何食べた?』、1位は?
「新シリーズを作ってほしいグルメドラマ」ランキング! 『グランメゾン東京』を抑えた作品は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは