2010年代前半の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『マジすか学園』シリーズを抑えた1位は?

テレビ東京系の「ドラマ24」枠で、2010年代前半に放送されたテレビドラマの中から、面白かった作品を全国の340人に聞きました。AKB48の出演で話題を呼んだ『マジすか学園』シリーズを抑えた1位とは? ※サムネイル画像出典:テレビ東京公式サイト/(c) 『マジすか学園2』製作委員会

『マジすか学園2』
画像出典:テレビ東京公式サイト
(c) 『マジすか学園2』製作委員会
All About編集部は、全国の20〜70代の男女340人を対象に「テレビ東京系の深夜ドラマ」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:4月3日〜5月22日)。今回は、テレビ東京系列で毎週金曜日の24時12分〜24時52分に放送される「ドラマ24」において、2010年代前半に放送されたドラマの中から面白かった作品ランキングを発表します。

>6位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:『マジすか学園』シリーズ(2010年ほか)

第2位は2010年にseason1が放送された『マジすか学園』シリーズ。秋元康さんが企画と原作を務め、出演者には主演・前田敦子さんをはじめ、大島優子さん、板野友美さんら、AKB48のメンバーなどが勢ぞろい。大人気アイドルが“ヤンキーの青春”を熱演しました。

回答者からは、「アイドルがヤンキーを演じていた姿が面白かったから(43歳男性)」「アイドルが下克上して、ヤンキーのてっぺんになるのが面白かった(27歳女性)」「ちょっと見ていて恥ずかしくなる学園のピュアな感じが良かった(38歳女性)」といった、ストーリーへの評価のほか、「AKB全盛期のときだから(22歳女性)」など、豪華な出演者に惹かれたという声が多数寄せられました。
 

第1位:『モテキ』(2010年)

第1位は、2010年に放送された『モテキ』。久保ミツロウさんによる人気漫画が原作で、主人公の草食系サブカル男子・藤本幸世を森山未來さんが演じました。出会いがなく無気力な日々を送っていた主人公に、ある日突然、異性にモテまくる奇跡のシーズン「モテキ」が訪れるという夢のあるストーリーに多くの人が夢中になったようです。

回答者からは、「自分にもこんなことが起こればと夢が広がるから(29歳男性)」「私を含めたモテない男達にとっては夢のあるドラマでした。俺にもこんなモテ期が来ねえかなぁ、と思いながら観ていました(49歳男性)」「色々な女性からアプローチされる主人公がとても幸せそうで、見てて楽しかった(45歳女性)」など、“うらやましい”と思いながら見ていたとの声もありました。


>6位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
テレビ東京系の深夜枠「ドラマ24」で歴代最も好きな作品ランキング! 2位『きのう何食べた?』、1位は?
2010年代後半の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『孤独のグルメ』シリーズに次ぐ2位は?
2020年代の「ドラマ24」枠で面白かった作品ランキング! 『浦安鉄筋家族』を抑えた1位は?
「新シリーズを作ってほしいグルメドラマ」ランキング! 『グランメゾン東京』を抑えた作品は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた