「今までで1番やばい」有名Web漫画家、違法賭博・不倫・晒し行為などをコレコレが告発「完全にイメージ変わった」

配信者のコレコレさんが5月8日のYouTube Liveで、Web漫画家のやしろあずきさんについて暴露。翌9日には炎上案件などのまとめ投稿をTwitterで発信する滝沢ガレソさんも取り上げるなど、波紋が広がっています。

配信者のコレコレさんが5月8日、自身のYouTubeチャンネル「コレコレチャンネル KoreTube」でYouTube Liveを配信。Web漫画家のやしろあずきさんについて、暴露しました。
 

【実際の投稿&関連するほかの投稿も見る】
 

「漫画とか面白くてみてたのにかなりショック」

コレコレさんはやしろさんについて円満夫婦を装っているが実際は離婚裁判中であり、今回の告発者はその裁判中に同居していた女性であると明かしました。告発者は同居生活を通じて、やしろさんが違法賭博をしていること、有名なコスプレイヤーやYouTuberらと性的な関係を持つなどの不倫行為、そしてその女性たちの情報をSNSの裏アカウントで暴露していることなどが分かったとのこと。
 

この相談は2023年3月にコレコレさんの元に寄せられたものの、告発者の事情により暴露は「5月頭まで待ってほしい」と言われたため、時間を要したというコレコレさん。4月29日、コレコレさんから事実確認の連絡をやしろさんにしましたが、返信はなし。さらに同日、告発者から女性関係について話し合いの結果、解決したので告発はなかったことにしてほしいと連絡が来たと言います。
 

そのやりとりの中で、違法賭博については「私が相手に腹を立てていて他でも炎上させてやろうと普段のアミューズでのポーカーに向かう時の話やLINEを賭けに見えるよう編集し送ってしまいました」「お送りした音声は声が似ている友達に私が作った台本を読ませたもので、本人はこの事を知りません」と、告発者からのメッセージを公開しました。コレコレさんは、「さすがに無理がありますね」「違法性があるので公開いたします」と返し、告発者の出演なしでの暴露に踏み切ることに。
 

さらに、離婚裁判中のやしろさんが実母に送ったLINEも公開。そこには、「向こうのお父さんだって※〇〇(※編注:職場)で二度と働けないようにする事もできるししたい」「俺が使えるあらゆる人脈を使って」など、妻側を追い込むことができるという内容も書かれていました。
 

コメント欄には「離婚調停中に家に不倫相手住まわせるとかすごい神経」「やしろあずき今までで1番やばい」「母と奥さん思いの仲良し家族だと思ってたのにどっちも泣かせてんじゃん。最低…」「そこらの犯罪者よりえぐい」「漫画とか面白くてみてたのにかなりショック」とさまざまな声が寄せられています。
 

ガレソ砲も打ち上がり、炎上加速


9日、炎上案件などのまとめ投稿をTwitterで発信する滝沢ガレソさんも自身のTwitterでこの話題を取り上げ、「普通にショック受けてます」「今連載中のオタサーの姫よりもエグい事してて草」と、話題に。やしろさんの炎上をしっかり加速させました。

 


渦中の人であるやしろさん、9日に自身のTwitterを更新していますが、内容はまさかの「ブログ更新!!」でした。10日執筆現在、900件を超えるリプライが寄せられており、「完全にイメージ変わった」「漫画家やしろの崩壊は草」「否定してください…お願いします」「あなたの嘘でない"本当"の漫画待ってます!」など、大きな反響を呼んでいます。
 

コレコレさんへのメッセージで告発者は、「『円満家庭のやしろあずき』として売って儲けているのにその裏では不幸な女を製造し続けていることが許せない」と語っていました。コレコレさんがやしろさんに連絡した日に告発を取りやめたいと申し出たのは、偶然なのか。それとも……。現時点でやしろさんから一連の疑惑について声明は出ていませんが、今後、やしろさんは沈黙を貫くのか、何らか声を上げるのか。注目を集めています。
 

※記事の情報は5月10日執筆時点のものです
 

 

>次ページ:関連する投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
「えぐすぎ」パパ活&売春で1週間20万円を稼ぐ15歳。母親に洗脳され金ヅルにされた娘が悲鳴を上げる
コレコレ、「日本の闇」大久保公園の“立ちんぼ”実態に迫る。「警察なんとかしてほしい」「同じ日本とは思えない」と話題に
「僕が悪かった」ヒカル、コレコレ生放送で女性YouTuberとのスキャンダル露呈。暴露理由は「もう会わないと思ったから」「恨みはない」
「日本一のYouTuber」断念を発表したヒカル、古参メンバーが「父親」に。出産祝いは300万円

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化