春ドラマで「新たな一面が見られたジャニーズ」ランキング! 2位・3位には「森本慎太郎」と「高橋海人」がランクイン

All About編集部は4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が「2023年春ドラマで新たな一面が見られた」と答えたジャニーズは?(画像出典:『だが、情熱はある』​​​​​​​公式Instagramより) ​​

高橋海人さんと森本慎太郎さん(画像出典:『だが、情熱はある』公式Instagramより) ​​

2023年の春ドラマは、人気の高い刑事ドラマや恋愛ドラマをはじめ、ひとひねり加えた意欲作が目白押し。また、今期もジャニーズアイドルが出演する作品が多くラインアップし、ファンにとってはうれしいクールとなっているのではないでしょうか。

そこで、All About編集部は4月20~28日の期間、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。今回は、その中から「2023年春ドラマで新たな一面が見られたジャニーズ」ランキングの結果を紹介します。※高橋海人さんの「高」は、はしごだか


>9位までのランキング結果を見る

 

第3位:森本慎太郎(SixTONES)


3位には、日曜ドラマ『だが、情熱はある』(日本テレビ系)で主演を務める森本慎太郎さんがランクイン。

同作は、オードリー・若林正恭さんと南海キャンディーズ・山里亮太さんの半生を描いた青春サバイバルストーリー。若林さんをKing & Princeの高橋海人さん、山里さんを森本さんが演じるというキャスティングで、放送前から話題となっていた作品です。

ドラマの中で森本さんが披露する、山里さんの特徴を捉えた熱演は必見です。

回答理由では、「山里さん役が意外だったけど、とても役作りができて本物と見える瞬間があるので」(群馬県・50代)、「zip朝ドラで錦鯉の長谷川さんの役をやった時とはまた違った面白さがあるから」(静岡県・30代女性)、「三枚目も見事に演じてしまう凄みを感じています」(香川県・40代女性)といった意見が聞かれました。
 

第2位:高橋海人(King & Prince)


2位には、3位の森本さんと同じく『だが、情熱はある』で主演を務める高橋海人さんが入りました。

若林さんと山里さんの半生を描くストーリーは、2人によるお笑いコンビ「たりないふたり」の解散ライブから始まり、その後、それぞれの学生時代から芸人としてデビューするまでの下積み時代にさかのぼって展開していきます。

まるで本物の若林さんのように見える高橋さんの名演技は圧巻。森本さんと共に今後の物語をどう盛り上げていってくれるのか、期待が高まります。

回答者からは、「ここまで実在している方を単なるモノマネではなく、ハマっていると感じさせる演技は素晴らしいと思います」(大阪府・30代女性)、「イケメンなのに、仕草から話し方から若林に似ている。本当に研究したんだなというのが伝わってきました」(奈良県・40代女性)などの声が聞かれました。
 

第1位:木村拓哉


1位に輝いたのは、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)で主演を務める木村拓哉さんでした。

本作は、2020年・2021年にスペシャルドラマとして放送された『教場』シリーズの新作。木村さん演じる主人公の風間公親が警察学校の教官として赴任する以前の、“刑事指導官”として当たっていた時代を描いています。

木村さんは、実際の殺人事件の捜査を通して、赤楚衛二さんや新垣結衣さんらが演じる新人刑事を厳しくも、時に的確なヒントを投げかけながら、成長させていく役柄を演じています。

回答者からは、「寡黙で厳しいこのような役は、木村さんの通常の役とは少しかけ離れているので、違う印象になると思います」(神奈川県・50代女性)、「雰囲気の変化が新鮮だった」(神奈川県・10代男性)、「これまでのキムタクというイメージを覆す、ダークヒーローっぽいところが新鮮で、演技にも迫力があると思います」(広島県・40代女性)といった声が聞かれました。

※回答は原文ママです


>9位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
春ドラマに出演中の「好きなジャニーズ」ランキング! 3位は「風間俊介」、2位は「山田涼介」、1位は?
春ドラマに出演中の「演技がうまいと思うジャニーズ」ランキング! 1位に輝いたのは、話題作の主演俳優
春ドラマで「ハマり役だと思うジャニーズ」ランキング! 「横山裕」「山田涼介」らを抑えて1位に輝いたのは?
『教場0』第4話 妊婦の殺人&孤立出産シーンにツッコミ殺到「設定に無理ある」「めるる演技上手」の声
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化