春ドラマで「ハマり役だと思うジャニーズ」ランキング! 「横山裕」や「山田涼介」らを抑えて1位に輝いたのは?

All About編集部は4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が「2023年春ドラマでハマり役だと思う」と答えたジャニーズは?(画像出典:『帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし』公式Instagramより)

2023年の春ドラマが絶賛放送中です。各キー局でドラマ枠が増えたこともあり、40タイトル以上の作品が登場しています。その中でも、今回はジャニーズタレントが出演するドラマに注目。

All About編集部は4月20~28日の期間、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。今回は、その中から「2023年春ドラマでハマり役だと思うジャニーズ」ランキングの結果を紹介します。


>9位までのランキング結果を見る

 

第3位:横山裕(関ジャニ∞)


3位には、オシドラサタデー『帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系)で主演を務める横山裕さんがランクイン。

津村マミさんによる人気漫画『コタローは1人暮らし』(小学館)が原作となるこのドラマ。2021年の春ドラマとして第1弾が放送され、今作はその続編となります。

ストーリーは、子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る、横山さん演じる売れない漫画家・狩野進が、隣の部屋に引っ越してきた訳アリな1人暮らしの5歳児(当時)・さとうコタローと出会い、成長していくハートフルコメディ。今作では、コタローが小学校に入学した姿を描いています。

回答理由では、「原作そのままのビジュアルだから」(栃木県・20代)、「ぶっきらぼうながら優しさあふれる役どころは、横山くんの素でもあるので、はまり役だと思う」(東京都・50代女性)、「コタローくんの一生の大親友として、これからもずっと2人の生活を見ていたいくらいです」(千葉県・20代女性)といった意見が聞かれました。
 

第2位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)


2位には、火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)に出演している山田涼介さんが入りました。

本作は、わたなべ志穂さんによる同名人気漫画の実写版。家族を守るために結婚を選んだ美しすぎる“ド貧乏シンデレラ”と、業績不振の結婚式場を立て直すために好きでもない女性との結婚を選んだ超ドSな“ツンデレ御曹司”が、交際0日で電撃結婚をするという超打算的シンデレラストーリーとなっています。

橋本環奈さんがヒロインの羽田綾華を演じ、山田さんは羽田が勤める結婚式場の社長・新田東郷を演じています。

回答者からは、「王子様キャラが合っていると思いました。橋本環奈さんと並んでいる姿が素敵でした」(東京都・40代女性)、「原作が好きで見ている作品だから」(岩手県・40代女性)、「まさに若い傲慢な王様(社長)役にピッタリでとてもよく似合うと思いました」(徳島県・50代女性)などの声が聞かれました。
 

第1位:木村拓哉


1位に輝いたのは、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)で主演を務める木村拓哉さんでした。

本作は、2020年・2021年にスペシャルドラマとして放送された『教場』シリーズの新作。木村さん演じる主人公の風間公親が警察学校の教官として赴任する以前の、“刑事指導官”として当たっていた時代を描いています。

木村さんは、実際の殺人事件の捜査を通して、赤楚衛二さんや新垣結衣さんらが演じる新人刑事を厳しくも、時に的確なヒントを投げかけながら、成長させていく役柄を演じています。

回答者からは、「原作を読んだことがあるがその役と重なるなと感じる程すごいと感じたから」(兵庫県・20代男性)、「歳を重ねていい味が出てきたと思うから」(埼玉県・20代女性)、「木村拓哉さん以外に演じられないと感じたから」(新潟県・40代男性)といった声が聞かれました。


>9位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
春ドラマに出演中の「好きなジャニーズ」ランキング! 3位は「風間俊介」、2位は「山田涼介」、1位は?
春ドラマに出演中の「演技がうまいと思うジャニーズ」ランキング! 1位に輝いたのは、話題作の主演俳優
春ドラマで「新たな一面が見られたジャニーズ」ランキング! 3位・2位には「森本慎太郎」と「高橋海人」がランクイン
『教場0』第4話 妊婦の殺人&孤立出産シーンにツッコミ殺到「設定に無理ある」「めるる演技上手」の声
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化