春ドラマに出演中の「演技がうまいと思うジャニーズ」ランキング! 1位に輝いたのは、話題作の主演俳優

All About編集部は4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。回答者が「2023年春ドラマに出演しているジャニーズの中で演技がうまい」と答えたのは?(画像出典:『勝利の法廷式』公式Instagramより)

各局、2023年の春ドラマが出そろい、毎週放送を楽しみにしている読者も多いのではないでしょうか? 中でも、ジャニーズタレントが出演するドラマは今期も豊作です。

そこで、All About編集部は4月20~28日、全国355人を対象に「2023年春ドラマ」に関するアンケート調査を実施。今回は、その中から「2023年春ドラマに出演中の演技がうまいと思うジャニーズ」ランキングの結果を紹介します!


>10位までのランキング結果を見る

 

第3位:山田涼介(Hey! Say! JUMP)


3位には、火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)に出演している山田涼介さんがランクイン。

わたなべ志穂さんの同名人気漫画が原作となるこのドラマは、互いの利益のために恋愛感情なしで交際0日婚を果たした夫婦が繰り広げるラブコメディ。

橋本環奈さんが家族を守るために結婚を選んだ美しすぎる“ド貧乏シンデレラ”羽田綾華を、山田さんが業績不振の結婚式場を立て直すために好きでもない女性との結婚を選んだ御曹司、新田東郷を演じています。作品の中で、山田さんは超ドSなツンデレキャラを好演。今後の胸キュンシーンにも注目が集まっています。

回答理由では、「かっこいい演技も、面白い演技もとても自然だからです」(富山県・30代女性)、「王様キャラがこんなに似合う人はいないと思うから」(広島県・20代女性)、「表情や仕草、セリフも役になりきってて上手」(北海道・40代女性)といった意見が聞かれました。
 

第2位:風間俊介


2位には、木曜ドラマ『勝利の法廷式』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演している風間俊介さんが入りました。

完全オリジナルとなるこのドラマは、親友を冤罪(えんざい)から守れなかったことがきっかけで法曹界を去った女性弁護士・神楽蘭が、謎の脚本家・黒澤仁の力を借りて、現代社会の闇を暴くリーガルミステリー。

本作の中で風間さんは、親友を殺人犯にしてしまったトラウマから法廷に立つことに自信をなくしてしまった神楽のために裁判の脚本を用意し、弁護士への復帰に力を貸す天才脚本家を演じています。謎の過去を持つ役どころならではのミステリアスな演技に注目です。

回答者からは、「役によって二枚目にも三枚目にもなれる役者だと思っていて、悪役を演じると本当に悪い奴ではないのかと錯覚してしまうぐらい。すばらしい役者だと思う」(埼玉県・30代女性)、「その役が憑依しているかのように、日頃の雰囲気が消えているから」(神奈川県・20代女性)などの声が聞かれました。
 

第1位:木村拓哉


1位に輝いたのは、月9『風間公親 -教場0-』(フジテレビ系)で主演を務める木村拓哉さんでした。

2020年・2021年にスペシャルドラマとして放送された『教場』シリーズの新作である今作。主人公の風間公親が警察学校の教官として赴任する前に“刑事指導官”として当たっていた頃のストーリーです。

木村さんは、事件の捜査を通して、赤楚衛二さんや新垣結衣さんらが演じる新人刑事を厳しくも、時に的確なヒントを投げかけながら、成長させていく役柄を演じています。

回答者からは、「教場0では、歩き方ひとつとっても上手い、雰囲気の作り方が上手いと感じたから」(埼玉県・30代男性)、「今までのキムタクとは違って、風間教官の怖さと厳しさが伝わってくるから」(宮城県・30代女性)、「怖い感じが凄い伝わる。目の迫力がある」(熊本県・30代女性)といった声が聞かれました。

※回答は原文ママです


>10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
春ドラマに出演中の「好きなジャニーズ」ランキング! 3位は「風間俊介」、2位は「山田涼介」、1位は?
春ドラマで「ハマり役だと思うジャニーズ」ランキング! 「横山裕」「山田涼介」らを抑えて1位に輝いたのは?
春ドラマで「新たな一面が見られたジャニーズ」ランキング! 3位・2位には「森本慎太郎」と「高橋海人」がランクイン
『教場0』第4話 妊婦の殺人&孤立出産シーンにツッコミ殺到「設定に無理ある」「めるる演技上手」の声
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽