「2023年GWの旅行先」ランキング! 国内3位 大阪府、2位 東京都、1位は? 利用エアライン1位はANA

モニタスは全国5500人を対象に「GWにおける旅行の動向とエアラインの利用実態調査」を実施。コロナ禍の行動制限が緩和されてから初めてのゴールデンウィークとなる2023年は、どのくらい活気が戻るのでしょうか?

モニタスは4月19日、全国18~69歳の5500人を対象に「GWにおける旅行の動向とエアラインの利用実態調査」を実施。コロナ禍の行動制限が緩和されてから初めてのゴールデンウィークとなる2023年は、どのくらい活気が戻るのでしょうか?
 

2023年のGW旅行予定者は34.9%。国内派は5割、海外派は1割

2023年のゴールデンウィークで「旅行の予定がある人」は全体で34.9%でした。そのうち国内旅行を予定している人は50.5%、海外旅行を予定している人は9.9%となり、国内で大型連休を過ごす人が多いようです。
 

国内旅行先TOP3は「北海道」「東京都」「大阪府」

旅行予定者に旅行先を聞いたところ、国内は「北海道」が21.6%で1位に。2位は「東京都」(19.5%)、3位「大阪府」(15.1%)と続きました。

海外では1位から順に「韓国」(4.4%)、「ハワイ」(3.7%)、「アメリカ」(3.4%)という結果になりました。
 

最も利用するエアラインは「ANA(全日空)」

旅行者が最も利用するエアラインについても調査しました。TOP3は1位から順に「ANA(全日空)」(30.3%)、「JAL(日本航空)」(26.3%)、「peach(ピーチ)」(4.1%)。「ANA(全日空)」と「JAL(日本航空)」は、いずれも認知8割以上、利用経験5割以上を占めています。 

利用する理由を各エアライン別で見ると、「ANA(全日空)」「JAL(日本航空)」ともに「信頼があるから」「サービスが良いから」「運航数が多いから」といった回答が上位に。「peach(ピーチ)」では「価格がお手頃だから」が最も多く、2番目の理由は「予約が取りやすいから」という結果でした。


2023年のゴールデンウィークは平日2日間を休むと最大9連休となります。コロナ禍は航空業界に大きな打撃を与えましたが、今後どのくらい活気が戻るのかも気になるところです。


>次ページ:旅行先TOP5(国内・海外)と、利用エアラインTOP5を見る


【おすすめ記事】
「旅行が1番楽しかった都道府県」ランキング! 3位 京都府、2位 沖縄県、1位は?
「日本で最も居心地の良い場所」ランキング! 3位 野沢温泉村、2位 屋久島、1位は?
4万人が選ぶ「移住先で人気の都道府県」ランキング! 3位 兵庫県、2位 滋賀県、1位は?
食事やお土産も魅力的だと思う温泉地ランキング! 2位「草津温泉」を抑えた1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても