『合理的にあり得ない』第2話 天海祐希、ノリノリのジュリ扇バブリーダンス&アクションに絶賛の声

4月24日に放送されたドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』公式サイト)

天海祐希さん、松下洸平さんが共演するドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系)。4月24日放送の第2話では、天海さん演じる上水流涼子の七変化が話題に。ストーリーをおさらいしつつ、SNSに寄せられたコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

合理的にあり得ない
画像出典:カンテレ・フジテレビ系『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』公式サイト

 

第2話のあらすじ

涼子(天海祐希)が弁護士資格をはく奪された障害事件以来、関係を断絶された元顧問先の大企業社長・諫間(仲村トオル)から突然の依頼が舞い込みます。諫間は窮地の涼子を真っ先に切り捨てた因縁の相手で、涼子にとって殺したいリストNo.1。しかし、受話器越しに弱った諫間の声を聞いた涼子は、ひとまず話を聞きに諫間の元へ。
 

諫間の依頼は、1週間前から行方不明だという娘・久美(白石聖)の捜索。報酬はいくらでも払うという言葉に乗せられた涼子は、助手の貴山(松下洸平)とともに仕事を開始。裏社会の住人で涼子に手を貸す有田浩次(中川大輔)や、元刑事・丹波(丸山智己)の協力も得ながら、家出中の久美が六本木のクラブで怪しい男女2人組と行動をともにしていることを突き止めます。
 

2人組は怪しい雰囲気を醸す空手使いの円谷エリ(早見あかり)と、彼女の幼なじみでギャンブル狂の広瀬リアム(猪塚健太)。2人は結託して若い女性に目をつけ、薬漬けにして海外や裏社会に売り飛ばすという悪事を働いている様子。涼子はなんとかして久美を取り戻そうと奔走します。
 

リアムのギャンブル狂ぶりに目をつけた涼子は、諫間に用意させた1億円を使ってリアムを賭け事にけしかけ、諫間に宣言したとおり「1円たりとも払わず」久美を取り戻すことに成功。しかし、涼子から真剣に叱られた久美は感激し、社会勉強のため家を出て涼子の元で働きたいと言い出します。チェリーボーイ貴山の反対を無視し、涼子は諫間の一番の弱みを握れるといって久美を採用するのでした。

 

合理的にあり得ない
画像出典:カンテレ・フジテレビ系『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』公式サイト

 

涼子ノリノリのジュリ扇バブリーダンスに絶賛の声

六本木のクラブに潜入する際、涼子はバブリーな衣装に身を包みノリノリでダンス。Twitterでは「涼子のバブリーやってるぅ?本当に面白いわ」「ジュリ扇持ってる貴山かわいすぎ。通りすがりのバブリー女、最高にイカしてる!フォー!」「天海祐希さんの七変化、尊い。バブリー女サイコーでした」などのコメントが殺到。
 

また、早見あかりさん演じるエリと涼子が肉弾戦を繰り広げるシーンには、「涼子さんのアクションも凄かった」「痛快アクションとエンターテイメント!最高です!」「天海さんアクション痺れました」「テンポが良くてアクションもかっこいい」「早見あかり、あんなにアクションできると思わなかった」「早見さんのアクション、キレッキレでカッコいいなあ」などの声も。
 

5月1日放送の第3話では、久美が働き始めた「上水流エージェンシー」に、諫間からの紹介で本藤朝子(神野三鈴)が依頼にやって来ます。亡き夫から建設会社を継いだ息子が、怪しげな予知能力者・高円寺裕也(高橋克典)に頼っており目を覚ましてほしいというもの。しかしおよそ仕込みとは思えない予知能力を目の当たりにした涼子と貴山はなすすべもなく――。涼子&貴山の名コンビがどのように仕事をやり切るのか見ものです。
 

『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』第3話 5月1日放送予告



【おすすめ記事】
『合理的にあり得ない』第1話 “かっこいい”天海祐希דカワイイ”松下洸平、最強タッグ誕生に視聴者歓喜
「期待している春ドラマ」ランキング! 3位『ラストマン』、2位『風間公親 教場0』、1位は?
『ペンディングトレイン』第1話 「つくばエクスプレス」も全面協力&圧倒的スケールでトレンド1位 『漂流教室』懐かしむ声も
『ラストマン』第1話 福山雅治×大泉洋の最強バディ爆誕でトレンド1位! 2人の掛け合いが面白すぎる
「主演俳優に期待している春ドラマ」ランキング! 3位『風間公親 教場0』、2位『らんまん』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」