さすが「神奈川県出身」だと思う芸能人ランキング! 2位「中居正広」に大差をつけた1位は?

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の男女452人を対象に「神奈川県出身の芸能人に関するアンケート調査」を実施。今回はその中から「さすが神奈川県出身」だと思う芸能人ランキングを紹介します。

横浜、川崎、相模原の政令指定都市3市を抱える日本最大級の産業都市でありながら、鎌倉や湘南エリアなど海岸沿いの美しい自然も併せ持った神奈川県。総務省統計局の資料(令和3年推計)では東京都に次ぐ全国2位の人口を誇るだけに、神奈川県出身の芸能人も多くいます。
 

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の男女452人を対象に「神奈川県出身の芸能人に関するアンケート調査」を実施。今回はその中から「さすが神奈川県出身だと思う芸能人」ランキングを紹介します。


>9位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:加山雄三(45票)

3位に選ばれたのは、神奈川県横浜市出身、茅ヶ崎市育ちの歌手・加山雄三さん。1961年に主演を務めた映画『若大将シリーズ』出演以来「若大将」の愛称で知られ、歌手としては1965年発売の『君といつまでも』が大ヒットしました。

これまで数多くのイベントを地元・横浜市で開催するなど、地元愛が強いイメージの加山さん。2022年12月には歌手として最後のコンサートとなる船上ライブを横浜港で行い、話題になりました。また茅ヶ崎市からは2010年に市民栄誉賞を贈られており、市内には「雄三通り」と呼ばれる道もあります。


回答者からは「海がよく似合う(30代女性/山形県)」「大御所なので、神奈川県の看板的な存在だと思いました(50代女性/徳島県)」「海の男というイメージがあり、ヨットに乗っている絵が浮かんできます(40代女性/和歌山県)」「海を題材にした歌も多数あり、さすが神奈川出身だと思わせる部分がある(40代男性/東京都)」など、海のイメージから出身地を連想するという意見が多く寄せられました。
 

第2位:中居正広(56票)


2位は「SMAP」の元メンバーで神奈川県藤沢市出身の中居正広さん。2016年12月31日に解散を迎えるまで日本を代表する男性アイドルグループのリーダーとして活躍し、解散後も数多くのバラエティ番組に司会者として出演しています。
 

番組でたびたび地元・藤沢市でのエピソードを披露するなど、地元愛の深さをあらわにしている中居さん。回答者からは「喋り方がずっと湘南の方言で、神奈川の人だなと感じられます(30代女性/東京都)」「地元愛を数々の逸話から感じるため(30代女性/東京都)」「地元の友達が番組に出てくる(30代女性/山形県)」「元ヤンのイメージがあるから(30代女性/埼玉県)」など、テレビでの言動や方言などを理由に選出した声が多く見られました。
 

第1位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)(207票)


圧倒的な得票数で1位に輝いたのは、ロックバンド「サザンオールスターズ」のボーカル・桑田佳祐さん。1978年に『勝手にシンドバッド』でデビューして以来、『いとしのエリー』や『TSUNAMI』など現在に至るまで数多くのヒットソングを生み出しています。『白い恋人達』や『波乗りジョニー』など、「桑田佳祐」名義のソロ活動でも次々と名曲を作り出し、名実ともに日本の音楽界を代表するスター歌手です。
 

神奈川県茅ヶ崎市出身で、楽曲中にたびたび地元の地名や情景の歌詞が入っていたりと、地元愛をあらわにしたエピソードは数知れず。聖地巡礼に訪れるファンも後を絶ちません。
 

回答者からは「湘南のイメージが強いから(40代女性/秋田県)」「神奈川やご自身の出身地エリアを盛り上げようとされているため(20代女性/静岡県)」「神奈川=サザン(40代男性/兵庫県)」「楽曲や歌詞にも生まれ育った地元である湘南をちりばめ、ライブも地元茅ヶ崎で行うなど、あれだけ成功していてもいるからこそ、地元への愛が感じられる(40代男性/東京都)」「神奈川県の地名を全国区に広げたと思うから(50代男性/神奈川県)」など、「神奈川県と言えば桑田さん」という意見が多く寄せられました。



※回答者のコメントは原文ママです
 


>9位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「神奈川県出身」の好きな芸能人ランキング! 3位「日村勇紀」、2位「中居正広」、1位は?
実は「神奈川県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「ムロツヨシ」、2位「松嶋菜々子」、1位は?
地元愛を感じる「神奈川県出身」の芸能人ランキング! 3位「北川悠仁」、2位「中居正広」、1位は?
「神奈川県出身」のスターだと思う芸能人ランキング! 3位「加山雄三」、2位「中居正広」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても