地元愛を感じる「神奈川県出身」の芸能人ランキング! 3位「北川悠仁」、2位「中居正広」、1位は?

地元愛を感じる芸能人は……? 今回は「神奈川県」に焦点を当てたランキング結果をご紹介します。1位に輝いたのは、地元愛あふれるエピソードや歌が多くの人の心を惹きつけてやまない、あのミュージシャンです。

生まれ育った地域に愛着を感じるのは、どこの世界にいても同じことなのかもしれません。その気持ちは時に、言葉や行動として表現されることもありますよね。そんな言動を見たり聞いたりして、多くの人が「この人からは地元愛を感じる!」と思った芸能人は誰なのでしょうか?
 

All About編集部は3月23日~4月6日、全国10~70代の男女452人を対象に神奈川県出身の芸能人に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「地元愛を感じる神奈川県出身の芸能人」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

3位:北川悠仁(ゆず)

3位に選ばれたのは、男性デュオ「ゆず」の北川悠仁さんです。1996年3月、北川さんと岩沢厚治さんでデュオを結成。横浜・伊勢佐木町での路上ライブでの活動から人気が広まり、リリースしたシングルやアルバムが次々とヒットを記録します。以降もファンは増え続け、東京ドームや日産スタジアムなど大会場での公演も実現。現在も日本の音楽シーンの第一線で精力的な活動を続けています。

回答者からは「出身地や過去のエピソードをテレビなどでお見かけするから、愛を感じる」(40代女性・東京都)、「よく地元の話をしているところを見るから」(30代女性・神奈川県)、「横浜を舞台にした曲が非常に多いから」(20代男性・愛媛県)、「地元への思いが歌に出ている」(40代女性・静岡県)、「地元神奈川で重点的に活動している印象があるから」(30代男性・沖縄県)などの声が寄せられました。
 

2位:中居正広

2位に選ばれたのは元SMAPのメンバーで、司会者など幅広い活躍を見せている中居正広さんです。中居さんはSMAP解散後も数多くのテレビ番組に出演。現在は『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)や『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)などで司会を務めています。レギュラー番組以外でも夏季・冬季五輪のメインキャスターや、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン公認サポートキャプテンを担当するなど、マルチに才能を発揮する人気タレントです。
 

回答者からは「地元愛を感じさせる発言が多いように感じるから」(20代男性・埼玉県)、「よく神奈川のことをテレビで話してるイメージ」(30代女性・島根県)、「度々方言を使うから」(50代男性・神奈川県)、「地元の話をしているのを聞いたことがあるから」(30代女性・大阪府)、「話し方が神奈川」(50代女性・鹿児島県)などの声が寄せられました。
 

1位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)

1位に選ばれたのは、日本を代表するロックグループ「サザンオールスターズ」の桑田佳祐さんです。桑田さんは同グループから1978年『勝手にシンドバッド』でデビューし、数々の名曲を世に送り続けてきました。1987年にはシングル『悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)』でソロデビュー。地元の茅ヶ崎市にちなみ、湘南をイメージする楽曲も多くリリースしています。デビューから40年以上が経ちますが、エネルギッシュなパフォーマンスは健在。その人気は衰え知らずです。
 

回答者からは「歌やライブから地元愛を感じます」(30代女性・東京都)、「湘南や海を題材にした曲がすばらしい」(60代男性・岐阜県)、「サザンといえば、湘南であり地元への愛が強そうだから」(20代女性・埼玉県)、「歌で神奈川愛が強くわかる」(40代女性・栃木県)、「地元にちなんだ歌を歌っているので」(40代男性・大阪府)などの声が寄せられました。
 

※回答者のコメントは原文ママです
 

>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
さすが「神奈川県出身」だと思う芸能人ランキング! 2位「中居正広」に大差を付けた1位は?
実は「神奈川県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「ムロツヨシ」、2位「松嶋菜々子」、1位は?
「神奈川県出身」のスターだと思う芸能人ランキング! 3位「加山雄三」、2位「中居正広」、1位は?
「神奈川県出身」の好きな芸能人ランキング! 3位「日村勇紀」、2位「中居正広」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も