『名探偵コナン 黒鉄の魚影』は興収100億突破なるか。“推し愛”にあふれた物語&仕掛けに驚き【ネタバレ】

劇場版第26作目となる映画『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』が2023年4月14日、公開されました。公開1日目にして、シリーズ歴代1位の『ハロウィンの花嫁』を超える勢いの大注目作品の観賞レビューをお届けします。

『名探偵コナン』の最新作が公開! すでに興収30億円超え

写真は筆者撮影

2023年4月14日から、劇場版シリーズ第26作目となる『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』が公開されました。同作は、公開3日間で観客動員数217万人、興行収入31億4000万円を突破する人気ぶり! シリーズ歴代1位を記録している2022年公開の『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を超える勢いで、シリーズ初の“興行収入100億円”突破が確実視されています。
 

1997年以降、毎年ゴールデンウィーク頃に公開される劇場版『名探偵コナン』シリーズ。新作はどんな物語なのでしょうか。『名探偵コナン 黒鉄の魚影』の映画鑑賞レビューをお届けします!

※以降、映画タイトルを『黒鉄の魚影』と表記
 

舞台は東京・八丈島! 歴代の「被害総額」を塗り替えるほどのスケール

劇場版『名探偵コナン』シリーズといえば、『から紅の恋歌』で出てきた「嵯峨嵐山文華館」や、『ベイカー街の亡霊』に登場したロンドンの「ビッグ・ベン」など、実在するスポットが舞台となっているところも大きな魅力です。

筆者がこれまでの映画作品の中で1番好きなスポットは、『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』(以降、 紺青の拳)の舞台・シンガポールのマリーナベイ・サンズ。豪華けんらんな夜景が美しく描かれますが、事件がきっかけで、豪華な施設たちは“破壊”されてしまいます。「こんな豪勢な施設を壊して大丈夫なんかい……!」と感じてしまうほどダイナミックな破壊シーンに、映画のスケールの大きさを感じ、ワクワクが止まりませんでした。

映画『名探偵コナン』シリーズでは建物が次々と破壊されることから、SNS上では作中内における“被害総額”が注目されています。ファンの中には、動産・不動産から推察し、被害総額を算出してランキング化する人もいるようです。『紺青の拳』では、シンガポールの豪華リゾート施設などが次々と破壊されるため、その被害総額は6000億円を超えるのではないか……ともいわれています。

ところが、今回の新作『黒鉄の魚影』は、『紺青の拳』の被害総額をも上回るほどの圧倒的なスケール! 
 

『黒鉄の魚影』の舞台は、東京・八丈島近海に建設された海洋施設「パシフィック・ブイ」。世界中の警察が持つ防犯カメラをつなぎ、世界各国のエンジニアが集結する同施設は、架空ながら、スーパーコンピュータ「富岳」を彷彿(ほうふつ)とさせます。膨大なシステムを抱える「世界の治安の要」となる巨大な施設、これを破壊しちゃったらどうなるのか……。“被害総額”が気になるところです。


>次のページ:キーパーソンは、あの女性キャラクター


【おすすめ記事】
映画『BLUE GIANT』は何がすごいのか。高級ジャズクラブのような臨場感に冒頭から感動必至【ネタバレレビュー】
新作映画『鬼滅の刃』は“衝撃の連続”な2時間だった! 既出エピソードでも映画館で見るべき理由
映画『スラムダンク』で注目される「無音演出」。あえて“セリフなし”の無音シーンが重要な作品を厳選
『すずめの戸締まり』の“まるで時刻表”な上映回数に賛否。大作の優遇は「仕方がない」ことなのか
【ネタバレあり】物議の映画『スラムダンク』。30年来のファンがガチで『THE FIRST SLAM DUNK』を語る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない