韓国の“インフラ”「カカオ」がSMエンタを手に入れたかった3つの理由【K-POPゆりこの沼る韓国】

M世代の韓国エンタメウォッチャー・K-POPゆりこと、K-POPファンのZ世代編集者が韓国のアイドル事情や気になったニュースについてゆるっと本音で語る【K-POPゆりこの沼る韓国エンタメトーク】。韓国エンタメ初心者からベテランまで、これを読めば韓国エンタメに“沼る”こと間違いなし! #15はSMエンターテインメントの大株主となった、韓国で圧倒的なパワーを持つ企業「カカオ」について。

韓国の“インフラ”「カカオ」がSMエンタを手に入れたかった理由


ゆりこ:私もこの数カ月間、韓国での報道を見ていたのですが、そこで言われていたことは大きく分けて3つで、「K-POP関連のIP(知的財産)の強化」「ライバル“NAVER”の存在」「上場するため」でした。
 
矢野:まず、「K-POP関連のIP(知的財産)の強化」はつまり、先ほど僕が挙げた「K-POPに関する権利やノウハウを使ってエンタメビジネスをさらに拡大していこう」って部分ですよね。
 
ゆりこ:はい。SMのアーティスト、楽曲はすでに世界中で売れる最強のコンテンツです。それにカカオが以前からK-POP事業に着手していたのも事実で、傘下にはすでにIUの所属する「EDAMエンターテインメント」や、今売れに売れているIVEの「STARSHIPエンターテインメント」も入っています。
 
矢野:最近IVEがアメリカ進出するというニュースを見ましたよ。コロムビア・レコードと提携したとか(※2)。

IVE 写真:アフロ
IVE 写真:アフロ


ゆりこ:そうそう。それにカカオは2016年に買収した韓国最大の音楽配信サービス「MelOn」も運営しているので決して“K-POP素人”な企業ではないのです。しかしあらゆる分野で最大のライバルといえる「NAVER社」の存在を考えると、悠長に構えていられない事情がある。
 


矢野:NAVERは僕も名前を知っています。日本のLINEも元々はNAVER発でしたよね。エンタメも強いのでしょうか。
 
ゆりこ:NAVERは元をたどるとサムスンの子会社の一部門から派生した巨大IT企業です。検索ポータルサイトとしてはGoogleに追われつつも、いまだ韓国シェアトップ(※3)。多大な資本と影響力を持って、エンタメ事業にも乗り出しています。
 
例えばWeb漫画。日本ではカカオ系の「ピッコマ」がシェア1位ですが(※4)、韓国やアメリカなどでは「NAVER Webtoon」が優勢(※5)。あと日本でも一時期流行した「ZEPETO」、CJ ENMと共同出資で映像配信サービスにも資本を入れています。そして何よりK-POPファンおなじみのプラットフォーム「Weverse」も!

 矢野:えっ? 「Weverse」ってHYBEのサービスですよね?
 

>次ページ:HYBEに譲れなかった理由、ライバル“NAVER”の存在

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない