えなこ、“ほぼ裸”なランジェリーショットを公開! 「何も着てない」「やばい一撃だわ」

コスプレイヤーのえなこさんは3月14日、自身のInstagramを更新。自身の肌と同系色のランジェリー姿を公開しました。

コスプレイヤーのえなこさんは3月14日、自身のInstagramを更新。肌と同系色のランジェリー姿を公開し、反響を呼んでいます。
 

「こんなん、家居たらヤバいで」


えなこさんは「おひる」とつづり、1枚の写真を公開。肌と同系色の下着の上から、大きめのチェックシャツを着用しています。マグカップを口元に運んでいる姿がとてもかわいらしいです。
 

“ほぼ裸”に見えるこの投稿にファンからは「何も着てない」「こんなん、家居たらヤバいで」「開放的すぎるやろ」「お昼に何ちゅーカッコしとーん!」「やばい一撃だわ」「もしこんなお昼があるなら…毎日が在宅勤務の会社に転職します!!!!」「アフターヌーンえな様」など、絶賛するコメントが相次いで寄せられています。
 

えなこさんは、『えなこカレンダーブック2023.4~2024.3』(集英社)を22日に発売予定です。キュートでセクシーなえなこさんの姿をもっと見たいという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

>次ページ:えなこさんの投稿をもっと見る

 

【おすすめ記事】
えなこ、スポーツウエア着用で胸元あらわに! 「セクシーすぎるやん」「パンツ短かすぎやしませんか!?」
「パンツ見えそ」えなこ、ミニスカから尻が見えそうな際どいショット公開! 「顔もスタイルも人形のよう」
えなこ、破壊力抜群のセクシー水着ショットにファンもん絶! 「可愛さ罪の刑」「たまらんな」
えなこ、穴の開いた水着で胸元あらわな姿に「ほぼ見えるやん爆笑」「期待しかない写真」と大反響!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」