えなこ、“ほぼ裸”なランジェリーショットを公開! 「何も着てない」「やばい一撃だわ」

コスプレイヤーのえなこさんは3月14日、自身のInstagramを更新。自身の肌と同系色のランジェリー姿を公開しました。

コスプレイヤーのえなこさんは3月14日、自身のInstagramを更新。肌と同系色のランジェリー姿を公開し、反響を呼んでいます。
 

「こんなん、家居たらヤバいで」


えなこさんは「おひる」とつづり、1枚の写真を公開。肌と同系色の下着の上から、大きめのチェックシャツを着用しています。マグカップを口元に運んでいる姿がとてもかわいらしいです。
 

“ほぼ裸”に見えるこの投稿にファンからは「何も着てない」「こんなん、家居たらヤバいで」「開放的すぎるやろ」「お昼に何ちゅーカッコしとーん!」「やばい一撃だわ」「もしこんなお昼があるなら…毎日が在宅勤務の会社に転職します!!!!」「アフターヌーンえな様」など、絶賛するコメントが相次いで寄せられています。
 

えなこさんは、『えなこカレンダーブック2023.4~2024.3』(集英社)を22日に発売予定です。キュートでセクシーなえなこさんの姿をもっと見たいという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

>次ページ:えなこさんの投稿をもっと見る

 

【おすすめ記事】
えなこ、スポーツウエア着用で胸元あらわに! 「セクシーすぎるやん」「パンツ短かすぎやしませんか!?」
「パンツ見えそ」えなこ、ミニスカから尻が見えそうな際どいショット公開! 「顔もスタイルも人形のよう」
えなこ、破壊力抜群のセクシー水着ショットにファンもん絶! 「可愛さ罪の刑」「たまらんな」
えなこ、穴の開いた水着で胸元あらわな姿に「ほぼ見えるやん爆笑」「期待しかない写真」と大反響!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」