「韓国=安い」はもう過去の話。値上げにうんざりな日本人もびっくり、韓国のリアルな「物価事情」

安い旅行費で行ける海外旅行先としては韓国が挙げられると思うが、現地の物価は決して安くない。安くショッピングが楽しめたのももう過去のこと。しかも暮らすとなると、相当な物価高に悩まされることとなる。不動産、食費、教育費など、とにかく高額。まあ、読んでほしい。

教育費も値上がり続き

銭湯からの帰り道、携帯電話が鳴った。娘の音楽の塾の先生からだった。「お母さんどうしましょう~。来月から授業料が14万ウォン(1万4465円)になるんです~」「どうしましょうはこっちのセリフ……」と言いたいのはぐっと我慢。辞めないなら払うしかなかろう。

その塾はそれまで1週間に1回25分授業で1カ月12万ウォン(1万2398円)の授業料だった。つまり一気に2万ウォン(2066円)もの値上がりだ。ここ数年子どもの塾の授業料は1万ウォン(1033円)単位でどこも少しづつ値上げが続いていた。だから授業料引き上げ自体には驚かないが、一気に2万ウォンの大幅引き上げにはさすがにたまげた。

注意深く読んでくれている読者はそもそも本来の授業料が高いことに驚かれたと思うが、韓国の塾授業料は日本のそれ以上に高い。ピアノ、水泳、バレエ、学習塾、韓国にもいろいろとあるが、どれも基本的に日本と同授業時間、同授業回数で比較すると授業料は少なく見積もっても日本の2倍は高額だ。それがさらに値上がりしているのだからいかほどかご想像いただけるのではなかろうか。

韓国統計庁によると、韓国の2022年の合計特殊出生率は「0.78」とOECD加盟国の中でも最低だったそうで(※1)、その要因は不動産の高騰、就職難などさまざまだ。とはいえ、その数字に思わず納得しながら筆者、ぼそりと呟いたのであった。「なんせこれだけ子どもの養育費がかかっちゃあなあ!」

日本も値上がりが続いていると思うが、韓国も同様。値上げ。値上げ。値上げ! 値上げうんざりは日韓の国民共通の頭痛の種である。
 

※レートは2023年2月20日時点
 

参考
※1:聯合ニュース 2023年2月22日
 

松田カノンプロフィール
翻訳家・カルチャーライター。在韓16年目、現地のリアルな情報をもとに韓国文化や観光に関する取材・執筆、コンテンツ監修など幅広くこなす。著書に 『ソウルまるごとお土産ガイド(産業編集センター)』などがある。All About 韓国ガイド。
 

【おすすめ記事】
ガス代が爆上がり!光熱費の節約、お金持ち体質はどうする?
BTS・RMの発言から考える、K-POPアイドルの「働き方改革」と「ソロ活動」
「韓国のトイレ」事情! 個室にトイレットペーパーがない! 暗証番号がないと入れない?
大人の事情? それともファンサ? K-POPアーティストが日本語曲を発表する理由
電気代が高い!家計を楽にする方法は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ