好きな「ママ芸能人」人気ランキング! 3位「辻希美」、2位「杏」、1位は?

子どもを産んでからも芸能界で活躍している「ママ芸能人」たち。同性からの人気も高く、ブログやSNS、YouTubeチャンネルも高い評価を受けています。今回は、幅広い世代から人気が高い「ママ芸能人」のランキングを紹介します。

辻?希美さん(画像出典:プレスリリース)
辻?希美さん(画像出典:プレスリリース

芸能界では、仕事をバリバリとこなしながら、子育てもする「ママ芸能人」が多く活躍しています。同性からも支持を集め、ブログやSNSなどが人気となり新たな事業を展開する芸能人もいるほどです。
 

All About編集部は1月19~25日、全国10~70代の500人を対象に「ママ芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、全世代の「ママ芸能人」を対象としたランキング結果を紹介します。男女問わず人気の「ママ芸能人」は、いったい誰なのでしょうか?
 

>18位までの全ランキング結果を見る
 

3位:辻希美

第3位にランクインしたのは、111票を獲得した「辻希美」さん。1987年生まれの東京都出身で、2000年に「モーニング娘。」の第4期メンバーとして芸能界デビュー。グループ卒業後はタレントとして活動し、2007年に俳優の杉浦太陽さんと結婚します。同年11月に第1子を出産し、現在では4児の母親として育児と芸能活動を両立。ブログやSNSが人気となり、YouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」は登録者数が110万人を突破しています。杉浦さんだけでなく子どもたちも動画に登場し、高い視聴数を誇っています。
 

投票者の声として、「YouTube、ブログが楽しい」(大阪府、30代男性)、「子供がたくさんいるのにしっかり子育ても家事もしていてすごい」(神奈川県、20代女性)、「モー娘の頃から知っているので親しみがあります」(奈良県、30代女性)などの声が上がっています。
 

2位:杏

第2位には、128票を獲得した「杏」さんがランクインしました。1986年生まれの東京都出身で、15歳からファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルとして活躍。その後、2007年に『天国と地獄』(テレビ朝日系)で俳優デビューを果たします。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』や『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)などの代表作があり、2022年7~9月に放送されたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)では主演を務めました。私生活では2015年に俳優の東出昌大さんと結婚し、2016年に双子の女児を出産します。2017年には第3子を出産しますが、2020年8月に離婚を発表。現在は、子どもたちとフランスへ移住し、YouTubeチャンネル「杏/anne TOKYO」でプライベートも公開しています。
 

投票者の声として、「大変な状況にありながらしっかり子育てしているのがよくわかる」(東京都、20代女性)、「YouTubeで好きになった」(広島県、20代男性)、「離婚しても子供のために前向きに仕事に取り組む姿勢は好感が持てる」(東京都、50代男性)などの声が寄せられました。
 

1位:北川景子

第1位には、138票で「北川景子」さんが選ばれました。1986年生まれの兵庫県出身で、2003年にファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして芸能界デビュー。俳優に転身してからは、『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)、『家売るオンナ』(日本テレビ系)などの人気ドラマに出演し人気を集めます。2016年に歌手でタレントのDAIGOさんと結婚し、2020年に第1子を出産。産後すぐに芸能界へ復帰し、現在は月9ドラマ『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系)で主演を務めています。さらに、NHK大河ドラマ『どうする家康』にも出演中です。
 

投票者の声として、「幸せオーラが半端ない」(山形県、30代女性)、「ママになってあの美しさは恐ろしいものがあります」(兵庫県、30代女性)、「きれいで、演技もできて、申し分ないからです」(愛知県、50代女性)などの声が上がっています。
 

>18位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
好きな「20代のママ芸能人」ランキング! 3位「清野菜名」、2位「武井咲」、1位は?
好きな「30代のママ芸能人」人気ランキング! 3位「仲里依紗」、2位「杏」、1位は?
子どもがいるように見えない「ママ芸能人」ランキング! 2位「上戸彩」を抑えた1位は?
「ママ友」になりたい芸能人ランキング! 3位「杏」、2位「辻希美」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も