『どうする家康』ロゴ入り「ありあけ 侍ハーバー 勝栗抹茶」発売! 徳川家の家紋にかけ3種の抹茶を使用

横浜土産ハーバーでおなじみの「ありあけ」から「侍ハーバー 勝栗抹茶」が1月8日から発売。2023年1月から放送開始のNHK大河ドラマ『どうする家康』のロゴが入った商品で、徳川家の家紋・三つ葉葵にかけて3種の抹茶を生地・餡・黒蜜に使用しています。

ありあけ「侍ハーバー 勝栗抹茶」


横浜土産ハーバーでおなじみの「ありあけ」から「侍ハーバー 勝栗抹茶」が2023年1月8日から発売。2023年1月から放送開始のNHK大河ドラマ『どうする家康』のロゴが入った商品で、徳川家の家紋・三つ葉葵にかけて3種の抹茶を使用しています。どんな味なのかさっそく食べてみました(画像はすべて筆者撮影)。

 

「侍ハーバー 勝栗抹茶」について

侍ハーバー 勝栗抹茶(単品194円、6個入1166円)※税込
侍ハーバー 勝栗抹茶(単品194円、6個入1166円)※税込


「侍ハーバー 勝栗抹茶」は、2021年12月に発売開始した商品。「勝ち」につながる縁起の良さを持つ「勝栗」をイメージし栗の甘露煮を合わせた自家製抹茶餡の中に抹茶黒蜜を閉じ込め、抹茶のかすてら生地を伝統の製法でしっとりと焼き上げています。
 

今回はNHK大河ドラマ『どうする家康』のロゴライセンス商品として、徳川家の家紋である三つ葉葵にかけて、かすてら生地・餡・黒蜜、それぞれに合う3種の抹茶を使用し、より抹茶の風味を活かした味わいにリニューアルしました。

 

家康公が好み愉しんだ由縁ある抹茶素材を使用

侍ハーバー 勝栗抹茶


3種の抹茶は、家康が好み愉しんだ由縁ある素材を使用しています。


抹茶生地には、静岡・本山製茶の本山抹茶を使用。晩年駿府城で隠居した際に愛飲していたとされ、香りの良さとうま味・爽やかさがあります。


抹茶餡には、京都の宇治抹茶(横浜・又兵衛)を使用。江戸城まで茶を運ぶ「お茶壷道中」の始まるきっかけともなり、鮮度高く、渋み・甘みのバランスのとれた奥深い味わいを活かしています。


抹茶黒蜜には、京都・放香堂の宇治抹茶ペーストを使用。風味を損なわずに黒蜜と調和するよう仕上げています。
 

侍ハーバー 勝栗抹茶


実際に食べてみると、より抹茶の風味がアップ。ハーバーならではのしっとりとしたかすてら生地の中から、とろりと抹茶黒蜜が現れます。濃く淹れた日本茶にピッタリです。

 

金文字が輝くゴージャスなデザイン

侍ハーバー 勝栗抹茶 パッケージ


パッケージは江戸幕府の中枢となった「江戸城」を背景に、武人画師として活動する、こうじょう雅之さんが描き起こした徳川家康公のイラストを使用。


金文字が輝くゴージャスなデザインで、大河ドラマファンならずともうれしいお菓子です。


ありあけ直営店、百貨店、駅売店、ありあけオンラインショップ、ありあけ取扱店などで2023年12月末までの販売を予定しています。
 

・URL:侍ハーバー

 

【おすすめ記事】

横浜赤レンガ倉庫限定! ありあけ「ブリュレカステラ」しっとり上品な甘さで大満足
横浜土産の定番・ありあけ「ハーバー」から、干支の卯(うさぎ)を描いたお正月限定パッケージが登場
ありあけ「台湾カステラ」がじわじわ人気! パイナップルをなぜ入れたのか、担当者に聞いてみた!
横浜中華街にプリン専門店「ふくぷん」オープン! 福をもたらすプリンをパンダに囲まれ食べてみた
横浜「フフナーゲル」バターサンドのおいしさに悶絶! レトロデザインのパッケージも素敵

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性