2022年『NHK紅白歌合戦』白組で印象に残った出演者ランキング! 「福山雅治」を抑えた1位は?

『第73回NHK紅白歌合戦』の「白組」で印象に残った出演者ランキング! 全国の500人に聞いたアンケート調査で「引き込まれた」「圧巻のパフォーマンス」との声が寄せられた「白組」出演者とは?

『第73回NHK紅白歌合戦』は白組が優勝(画像出典:公式サイト

2022年12月31日に放送された、年末恒例のテレビ番組『第73回NHK紅白歌合戦』。All About編集部は放送直後の1月1~2日、全国10~70代の男女500人を対象に同番組に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「白組」で印象に残った出演者ランキングを発表します!
 

>15位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:藤井風

3位は、藤井風さん。2年連続2回目の出場となった今回、音楽ストリーミングサービス「Spotify」において、海外で最も再生された日本の曲として注目された『死ぬのがいいわ』を披露しました。
 

回答者からは、「曲のタイトルといい、ピアノの演奏といい、群を抜いていたように思います(49歳女性)」「歌、ピアノ、演出すべてが素晴らしかったから(22歳女性)」「曲は知っていたのですが、パフォーマンスを初めて観ました。ピアノの演奏も凄かったけど、とにかくパフォーマンスに圧倒されました(48歳女性)」など、ピアノの演奏から始まった演出に圧倒されたとの声が多く寄せられました。
 

さらに、「初めて聴いて、衝撃を受けた!(40歳女性)」「歌唱力とインパクトのある『死ぬのがいいわ』の曲の意味をすごく考えながら聞きました(54歳女性)」「見たことがない世界観だった(24歳その他)」など、世界中のファンから支持を得ている楽曲に衝撃を受けたとの声もありました。
 

第2位:福山雅治


2位は、15回目の出場で初の大トリを務めた福山雅治さん。鮮やかなピンク色のスーツ姿で2000年発売の大ヒット曲『桜坂』を披露しました。
 

回答者からは、「大トリで2022年を締めくくるステージで感動した(31歳男性)」「大トリにふさわしかったと思います。感動して涙が出ました(33歳女性)」「貫禄も出てきて(雰囲気に)オオトリにふさわしかったです(45歳女性)」など、大トリにふさわしいパフォーマンスに感動したとの声が集まりました。
 

また、「懐かしい『桜坂』を久々に聞いて嬉しかったです(44歳女性)」「福山雅治が歌った桜坂はまさに私の青春の1曲で、歌を聴いて学生の頃の思い出が蘇ってきたから(31歳女性)」「桜坂は昔から好きな歌で聴き入ってしまったから(29歳女性)」など、「桜坂」を聴いて思い出に浸ったとの声もありました。
 

第1位:King & Prince

1位は、King & Princeでした。2023年5月22日に平野紫耀さん、岸優太さん、神宮寺勇太さんの3人が脱退することが発表されています。5回目の出場となった今回は、平野さんがパフォーマンスの前に「5人での紅白は最後になると思いますので……」と語り、『ichiban』を披露しました。
 

回答者からは、「歌が始まった途端周りの雰囲気がガラッと変わるくらいのダンスパフォーマンスに引き込まれました(56歳女性)」「ダンスのレベルが高くて、かっこよかったです(38歳女性)」「迫力あるダンスにもう圧巻としか言いようがありません(34歳女性)」など、気迫溢れるダンスに圧倒されたとの声もありました。
 

また、「5人で出る紅白は最後だと思うと、感慨深かったから(44歳女性)」「最後の出演になると思ったので印象に残りました(24歳女性)」「5人での紅白がおそらく最後ということもあったが、かなり思い入れが感じられるステージで引き込まれた(44歳男性)」など、5人揃ってのパフォーマンスを目に焼き付けておきたかったとの声も寄せられました。
 

>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
『NHK紅白歌合戦』紅組で印象に残った出演者ランキング! 3位「工藤静香」、2位「ウタ」、1位は?
『NHK紅白歌合戦』特別枠で印象に残った出演者ランキング! 「氷川きよし」を抑えた1位は?
『NHK紅白歌合戦』で印象に残った“初出場”歌手ランキング! 「Aimer」「Vaundy」を抑えた1位は?
『NHK紅白歌合戦』白組で感動した出演者ランキング! 3位「藤井風」、2位「福山雅治」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化